社会性ゼロの人間にベストな生き方

社会不適合者に最適な生き方

社会不適合者にベストな生き方を大公開

  • 仕事がなかなか続かない
  • 職場や学校で友人が出来ない
  • 普通の生き方なんて絶対に嫌だ

こういったことにわずかでもピーンとくるところがありましたらあなたは十中八九、社会不適合者と言えます。

一応最初に言っておきますが、管理人自身は社会不適合者であること自体は悪いことではないと考えております。

しかし、自身のこれまでの生き方を振り返ってみてもそうですが、社会不適合であることはいきづらさを感じることが多いとは考えております。

なぜなら社会不適合者は、「普通の人」と感性が違うために「普通の人」が目指す王道の生き方を選ぶと不幸になってしまうからです。

この「王道な生き方は社会不適合者には間違い」である、という点を前提にこのページでは過去に短期間ながらニートと引きこもりを経験したことがある管理人が自身の経験を踏まえて社会不適合者に最適な生き方の一例をご紹介していきます。

王道の生き方から離れる

王道の生き方を捨てる
冒頭でも触れましたが、社会不適合者が幸せに生きていくために最も重要になるのが普通の生き方を敢えて捨てることです。

変人に普通を強いるのは無理

まずそもそもの話になりますが、「普通の生き方とは何か?」について考えてみますと
母親や学校の先生が推奨する生き方です。

もう少し具体的に普通の生き方を説明すると、しっかりと勉強をして一流大学に行き、大手の企業に就職をする。そして就職後には結婚をして家庭を持つ、という「ザ日本人が目指す幸せな人生」が普通の生き方です。

この「ザ日本人が目指す幸せな人生」は社会不適合者には一切向きません。現に典型的な社会不適合なタイプが普通の人ばかりがいる学校や会社に行くと、

  • 学校が嫌いになって不登校になる
  • 組織の理不尽さに嫌気が指す
  • 周りとなじめなくていじめられる

といった状況に高確率で直面します。

無理な生活をすると壊れる

それに社会不適合なあなたが王道の生き方に無理に合わせようとするとストレスがたまりますし、周りと価値観が合わなくて毎日がつらくなります。

少しだけ考えて頂きたいのですが、自分に全く合わない生活を毎日強いられ、周りのメンバーとうまくいかないような環境に何年も居続けるどうなるでしょうか?

確実に心が壊れますよね。いや、むしろ精神が健全でいられたら奇跡です。

この点を考えるともしあなたが社会不適合者としての自覚があるのでしたら、普通の人にとっての幸せな生き方や当たり前の生き方をあえて目指さない、というのは幸せになる近道になるのです。

社会不適合者は食えるスキルを持つ

食えるスキルを持つ
先ほど社会不適合者は普通のサラリーマンや普通の人間の生き方をすると大変な目に遭うと話しました。

しかし、普通の生き方をしないとなるとどんな生き方をすればよいのかわからないかもしれません。

この点に関する絶対的な正解はありませんが、管理人としては社会不適合な性質があっても問題なく生きていける力を身につけることが一番だと断言できます。

実力があれば生きていける

例えばです。もしあなたが色々なプログラミング言語を使える一流のプログラマーだったとします。

このケースですと仮にあなたが協調性ゼロの社会不適合者であったとしても仕事にありつくことが出来ます。だってフリーランスのプログラマーとして生きる選択肢がありますからね。

それにサラリーマンとして働くケースであっても専門職採用という採用枠を利用してプログラミング業務だけをやっていれば社会不適合な性格はそんなに問題になりません。

職人の世界は変人が多い

ちなみに、何かしらの「手に職」を身に付け、その技能をもとに仕事をする職人気質の人には偏屈な人は珍しくありません。

例えば超一流の料理人の場合、料理の盛り付け方から箸やフォークを置く位置までコンマ1mm単位で気にします。この繊細さは普通の人の感覚からすれば神経質な人にしか映りません。

ですが、一流の料理人として一目を置かれるだけの実力があれば、神経質な性格も個性やプロ意識としてリスペクトされてしまいます。

要するに実力やスキルがあれば社会不適合な性質はそこまで問題にならないのです。

この点を考えるともしあなたが社会不適合者であることを自覚しているのでしたら、その性格があってもリスペクトされるような実力やスキルを身に付けるのが一番です。

自分の生き方に合う環境で働く

自分に合う環境で働く
これは圧倒的なスキルや実力を持ったうえでの話にはなります、スキルを身に付けさえすればあなたの趣向にあった生き方や働き方は選び放題になります。

ダメ人間かどうかは環境で決まる

例えばもしあなたが朝起きるような完全な夜行性な人間の場合、一般的な朝9時から夜6時まで働くような会社では完全な社会不適合者です。

しかし、成果をベースに働く働き方を認めてくれる環境で働けば成果さえ出していれば朝出社しなくても何も問題になりません。

それにある程度のスキルがあれば雇い主はあなたに甘くなるので、直接交渉をすればある程度なら柔軟な働き方を認めてくれるはずです。

これはスキルがないただの社会不適合者がやった場合は肩たたきにあいかねませんが、スキルさえあれば許されてしまいます。

所属しない生き方もできる

所属しない生き方もある
しかも今日では業務委託契約やリモート勤務といった普通の正社員とは違った働き方も比較的簡単に選べる環境があります。

そこでもしあなたが周りに合わせるのが苦手な社会不適合者でしたら、周りに合わせなくてよい生き方や働き方を選べばよいのです。

現にスキルがあればどうとでもなりますし、いくらでも選択肢は見つかります。

この点を考えると社会不適合者であるのを自覚されているのでしたら、特定の組織に所属しなくても生きていける人間になることを目指すことをおすすめします。

常に実績を作る

特定の組織に依存せずに生きていける人間を目指す際に欠かせないのが、仕事で実績を積み重ねることと常にスキルアップに励むことです。

実力があれば引く手は無数にある

例えばあなたがIT業界のプログラマーだったとします。そして普段の業務に取り組む中で、

  • 必ず納期を守る
  • 絶対にバグを起こさない

というルールを自分にで作り、それを2年程度守り続けたとします。これを行えばあなたは信頼に値するプログラマーとしての肩書きを得られます。

プロの世界は性格より実力

加えて常に自分の技術レベルを磨き、書けるプログラミング言語の種類を増やし続ければどうなるでしょうか?

当然、普段の仕事ぶりと併せてあなたを欲しい、と思う企業が後を絶たなくなります

こうなれば社会不適合者としての性格的な問題があったとしても仕事に困ることは無くなります。

ワークライフのライフも大切

ワークライフバランスを意識する
ここまで社会不適合者が幸せに生きるにはスキルを身に付けることが肝心だといいました。

しかし仕事だけの人生というのはなんだか味気ないですよね。それに幸せな生き方を考える際にはプライベートの充実も欠かせません。

そこで次は仕事ではなく人間関係という面において社会不適合者にとって最適な生き方をご紹介します。

いくつかの居場所を作る

まず心がけたいのがいくつかの安心が出来る居場所を作ることです。

どうしても社会不適合なタイプの人というのは周りと価値観が合わないために孤立してしまう傾向があります。

孤立をすると精神的に参ってしまう上に最悪の場合は自殺に至ることもあります。それだけ社会からの孤立は人生をおかしくさせるので避けるのが望ましいのです。

そこで趣味が合う人や考え方が合う人が集まるようなコミュニティをいくつか持っておき、定期的に気の合う人と会話ができる環境を持っておくことをお勧めします。

緩い繋がりをいくつか持っているだけでも孤独にはならずに済むので人生の充実度合い上がります。

あなたが環境を作る

理想の環境を自分で作る
いくら孤独を避けるのが無難といってもあなたの周りにあなたと価値観の合う人たちが集まるコミュニティがないなんてこともあるかもしれません。

そんな時は自分がコミュニティを作ってしまうという手もあります。

実は現在ではSNSが流行っているので、SNSでグループを立ち上げさえすれば簡単に複数の人を集めることが出来ます。

それにあなたが何かのスキルを持っていれば、そのスキルを教える勉強会を開けばそのスキルを学びたい人があなたの元に集まってきます。

このように居場所がなくてもあなたが動けば簡単に居場所を作ることが出来てしまうのです。

本音で話せる仲間を最低一人は持つ

よく友達は数より質だと言いますがこれは生き方が不器用な社会不適合者の方には特に該当します。

なぜなら社会不適合な人間は生き方や考え方が普通の人からすると特殊ですし、変わっています。

そのため、あなたの生き方をリスペクトしてくれる数少ない味方を見つけ、その人との関係性を深くした方が孤独にならずに済みます。

どうしても社会不適合者は普通の人と話が合いませんので、奇跡的に話が合う人を見つけましたら、その人との関係を大切にすることをおすすめします。

現在は社会不適合者が活躍しやすい

今の時代は社会不適合者が働きやすい
ここまで社会不適合者はどのような生き方をすれば幸せになるのか?、という点について一緒に考えてきました。

正直な話、ここまでの内容を念頭に置いて生き方を考えれば社会不適合者ならではの幸せな人生を歩むことが出来ます。

しかも現在は「個人の時代」と言われる個人が活躍しやすい時代になってきているので社会不適合者にとっては追い風があります。

現に20年ほど前でしたら会社で働く以外の選択肢は事実上なかったですが、今の時代ですと会社で働かなくてもユーチューバーとして生きていくチャンスもあります。

それにIT関係の技術を身につけてしまえば個人のエンジニアとして生きていくこともできてしまうのです。

このように現在は集団に合わせるのが苦手な社会不適合者に有利な時代になってきているのです。これはありがたいですよね。

そこでもしあなたが社会不適合者であることを自覚しているのでしたら、周りに合わせずとも生きていける力を磨くことをおすすめします。

なお、これにてこのページの内容は終了となりますが、最後にこのページを読まれたあなたにおすすめのページをいくつかご紹介しますので是非とも目を通してみてくださいね。

社会性がなくてもやっていける仕事一覧
底辺から這い上がる方法を徹底解説

手に職をつけるぜナビ~おすすめの仕事と持つと強い資格のまとめ