今から手に職をつけるための情報サイト

手に職をつければ職に困らない

今の日本ではメガバンクやソニーで大規模なリストラが行われているように終身雇用制は崩壊しております。

こんな時代だから個人で手に職をつけて自分の身を自分で守ろうとする人は男性・女性問わず増えております。

きっとこのページに訪れたあなたも何かしらの手に職をつけて自分の身を自分で守ることに興味がある方のはず。

そんなあなたに向けてこのページでは手に職があるとはどんな状態を指すのか、そして手に職を身に付けることにはメリットがあるのか

また今身に付けるとお得な手に職となるスキルにはどんなものがあるのか、といった内容についてまとめております。以下の順番で各項目の詳細をご紹介しますので気になる部位だけでもご覧いただければと思います。

Contents

手に職をつけるとはどんな意味?

手に職をつけるという言葉の意味
今のあなたが手に職をつけるのを目指す際に絶対に欠かせないのが「手に職をつける」ということがどんなことを意味するかを把握する事です。

この「手に職をつける」がどんな意味を指すのかを理解するためにもここでは「手に職がある人」がどんな人なのか、についてご紹介します

手に職がある人とは?

当サイトでは手に職がある人というのは、「どんな時でも食いぱぐれないだけの資格やスキルを持っている人」と定義しております。

それではどうしてこの「手に職がある人=どんな時でも食いぱぐれないだけの資格やスキルを持っている人」と定義したのでしょうか?

実は管理人がネットで「手に職がある人」の定義について探していたところ、Weblioというサイトで「手に職をつける」という言葉が以下のように定義されていたからです。

職業または職能を自分のものとすること。生計を立てるための仕事、あるいは、仕事に就くための技能や資格を、獲得すること。

ここで取り上げたWeblioの定義を参考にすると「手に職がある人」=「生計を立てるためのスキルや資格がある人」となります。

そして「生計を立てるためのスキルや資格がある人」の一例としては、

  • 弁護士資格を有する法律のプロ
  • プログラミング技術があるプログラマー
  • トンカチ一つで家を建てられる大工さん
  • 調理器具があれば料理を作れるコックさん
  • データ解析が出来るアナリスト

などがあげられます。なんとなく「手に職がある人」がどんな人なのかわかったのではないでしょうか?

ちなみに手に職を持つという言葉の意味が気になりましたらこちらのページで内容をまとめているのでぜひご覧ください。

「手に職を持つ」という言葉の意味はこちら

逆にない人はどんな人なのか?

手に職がない人というのは「手に職を持っていない人」である以上、先ほどご紹介した手に職を持つ人の逆です。

つまり、手に職がない人というのは、生計を立てられるだけの技能や持っていれば仕事を獲得できる資格を持っていない人、になります。

さらに言えば手に職となるスキルや資格を持っている社会人は少数である以上、その少数派に該当しない全ての人、といっても過言ではありません。

つまりもしあなたが職にあぶれないだけの何かしらの専門スキルや資格がなければあなたも「手に職がなない人」の一人にカウントされます。

専門スキルを学ぶメリットとデメリット

専門スキルを学ぶメリットとデメリット
「手に職を持つ人」になるためには専門的な資格や特殊な技能を習得する事が求められます。この技能や資格の習得にはどんなメリットがあるのかについてこれから考えてみます。

メリットは多すぎる

「手に職を持つ人」を目指して専門スキルや資格の取得をすることには無限のメリットがあります。中でもこれから取り上げる7つのポイントは本当に大きなメリットなのでぜひともご確認ください。

  1. 不況でも仕事にあぶれなくなる
  2. 一定水準以上の収入が期待できる
  3. スキルをいかして国外でも働ける
  4. 副業・兼業も簡単に出来る
  5. 脱サラも難しくない
  6. 老後も働くことが出来る
  7. 柔軟な働き方を選べる

今取り上げた7つのメリットの中で特に見逃せないメリットは1番最初に取り上げた「不況でも仕事にあぶれなくなる」という点。

このメリットがあるために一度手に職となるスキルや資格を得ればコロナ不況などで会社が倒産をしても次の仕事が見つかります。

それに今働いている会社に嫌気がさした場合はすぐに新しい職場に移ってもっとのびのびと働ける職場に移る事も出来ます。

これは「今の会社をクビになったら生きていけない」という普通の会社員にはない明らかなメリット。

「不況でも仕事にあぶれなくなる」という点以外の手に職をつけるメリットについては以下のページでまとめているので気になりましたら是非ご覧ください。

手に職を持つ利点とスキルの習得方法はこちら

デメリットはあるのか?

次に手に職を持つメリットではなく、デメリットについても考えてみたいのですが、管理人が考える限りは特にありません。

なぜなら、手に職を身に付ければ失職リスクは激減しますし、身に付けた手に職となるスキル次第では大幅な収入アップも見込めるからです。

ただし、手に職をつけるためのプロセスにおいては短期的なデメリットが発生するのも事実。実際、手に職をつけるためには

  1. 教材代やスクール代を始めとした費用
  2. 技能習得のための学習時間の捻出
  3. 努力という名のエネルギーの消耗

という3つを覚悟することは欠かせません。

要するに手に職をつけること自体には特にデメリットはないとはいえ、手に職を得るための道のりにおいては費用の面でも時間の面でもエネルギーの面でもコストを払うことが求められます。

こういったコストを払うのが「割に合わない」、「面倒くさい」と思って手に職をつける努力を始めない人が大多数なのです。

専門分野がないのはやばい

聡明なあなたには今更のお話かもしれませんが、今の時代は「手に職となるスキル」がないことは相当やばいです。

なぜなら、最近ではどの企業もIT化を進めるようになったので単純作業や手順が決まった定型業務は機械に任せるようになったからです。

それに専門性のない業務でしたら大学生のバイトやフリーターでも担当できる以上、単純作業しか出来ない人材の労働市場での価値は今後どんどん下がっていきます。

その結果として手に職となるスキルがない普通の人材の末路としてはこんなものが考えられます

  1. 何年働いても給与がほぼ上がらない
  2. 失業したら再就職先が見つからない
  3. 今の会社にしがみつく以外の選択肢がない
  4. 会社の倒産=自分の人生の終了になる
  5. 嫌な上司の嫌がらせを我慢しなくてはいけない

なかなかやばいと思いませんか?

こんな目に遭わないためにも手に職となるスキルや資格を保有して「今の会社をクビになっても職にあぶれない」人材になる必要があるのです。

不況に強い職種ランキング

不況に強い職種ランキング
不況になりつつある現在の日本で仕事にありつくためには手に職をつけて不況でも職にあぶれない職種に就くことが欠かせません。

そこでここでは不況の時でも問題なく仕事にありつける食いぱぐれない仕事をランキング形式でご紹介します。まずは今回取り上げる仕事を一覧にしてみましたので気になる仕事だけでも目を通してみてくださいね。

それぞれの詳細については上から順番にご紹介していきます。

1位:デジタルマーケター

最初に紹介したデジタルマーケターというのは、WEBを使ってマーケティング活動を行えるマーケティング担当者です。

この仕事はコロナにより不要不急の外出を控える事が善となった現代では特に多くの企業が求めるようになりました。

現にデジタルマーケターを一人雇えばWEBやITを利用して収益を上げることが出来ますからね。

オンラインで売り上げを上げられる人材はどんな企業にも求められるので食いっぱぐれのない職種と言えます。

事実管理人もこのデジタルマーケターの端くれですが、コロナ不況の真っ只中でも年収アップの条件で転職が出来ましたし個人でも仕事を取れております。

そのため、管理人としては失職が怖いのでしたらデジタルマーケティングという手に職となるスキルを付ける事をおすすめしたいです。

2位:ITエンジニア

ITエンジニアはプログラミングを使ってアプリやシステムを作ったり、改善する仕事になります。

意外と知られていませんが、私たちが普段利用するスマホのゲームもAmazonや楽天のようなオンラインモールも全てプログラミングで出来ております。

こういったITを使って世の中を支えているインフラを実際に作っているのがITエンジニアです。

今の時代ですとITが絡まない案件はどんどん減っておりますので、一度ITエンジニアと働けるスキルを身に付ければどんな業界でも働けます

まさに手に職となる仕事の典型なのでコロナ不況でも失職しなくて済む仕事につきたいのでしたら目指してみる事をおすすめします。

3位:データサイエンティスト

データサイエンティストというのは、データの解析のプロです。

具体的に担う役割としては企業や政府が持つデータを分析し、新しいビジネスの提言や現在のビジネスの問題点を見つける事です。

このデータサイエンティストになれるだけのデータ分析技術があれば企業・官公庁・NPO問わずデータを大量に持っている組織からは引く手数多な人材になれます。

4位:WEBデザイナー

次に取り上げるWEBデザイナーはその名の通り、WEBの世界でデザインを担当する仕事です。

具体的に担当する業務の一例としてはホームページのデザインから制作、それにホームページに表示させる画像やイラストの制作や編集です。

今の時代ですとどの企業もWEBサイトを持っています。それに個人でWEBビジネスを始めようとしている人も増えているのでスキルがあれば仕事は簡単に見つかります。

デザインという美的なセンスも絡む仕事なので向き・不向きがあるジャンルではありますが、最近はWEBデザイナーになるためのスクールも数多くあるので未経験からも目指しやすい仕事なので個人的にはおすすめしたいです。

逆に絶対にお勧めできない仕事

あなたの今の仕事が何なのかわかりませんが、世の中には頑張っても手に職となるスキルが付きにくい仕事があります。そして手に職となるスキルがつかない仕事の一例は以下の通りです。

  1. 受付嬢
  2. 飲食店のスタッフ
  3. ショップの販売員
  4. 専門性のない事務職
  5. 乗り物の運転手
  6. テレフォンアポインター

ここで取り上げた仕事に共通するのはITによって取って変わられる点。

例えば受付嬢やショップの販売員は企業が案内用のロボットを導入すれば基本的にはいらなくなりますよね。

それに企業の事務職の仕事の大半はIT技術を使った自動化プログラムを利用すればほぼ不要になります。

テレフォンアポインターも自動音声型の電話に変えればよいので人が担当する必要はありません。

乗り物の運転手に関しても最近ですと自動運転の技術が発展していることを考えると将来的にはなくなります。

このようにITによってとって変わられる仕事は手に職にならないばかりか10年後には消えている可能性が高いです。つまり就くと人生が詰む恐れがある仕事になります。

なお、今ついておきたい手に職が就く仕事とついてはいけない仕事については以下のページでより詳しくまとめているのでぜひご覧ください。

手に職がつく仕事とつかない仕事のまとめ

これから手に職をつけたい人がやるべきこと

これから手に職をつけるためにやるべきこと
もちろんいくら管理人が「手に職をつけた方が良い」と主張してもどうすれば手に職をつけられるのか分からなければ行動に移すのは難しいと思います。

そこでここでは手に職となるスキルを得たいと思ったら真っ先に取っておきたい4種類のアクションを一覧にしてみました。

  1. 働きながら独学する
  2. 専門学校に通う
  3. 未経験歓迎枠で転職する
  4. 副業で仕事を受けてみる

ここで一覧にした4種類の手に職となるスキルを身に付ける方法の詳細については1つずつ取り上げていきます。

働きながら独学する

1番最初にご紹介するのは今の仕事で働きながら隙間時間を使って自力で独学して手に職をつけるパターンです。

この隙間時間を使った独学というのは実は少なくない社会人が実施しているのでそんなに違和感がないはずです。現にあなたの会社の中でも

  • 会社の休みの日に資格の勉強をする
  • 平日の就業前と就業後に勉強をする
  • 会社のお昼休みや通勤時間中に勉強する

なんてことをしている人は一定数いるはずです。この働きながら独学で学習をするのは誰でも出来るので手に職をつけたい人でしたら絶対に取り組んでおきたいところです。

専門学校に通う

2つ目の手に職をつける方法としては手に職となるスキルが身につく専門学校やオンラインスクールに通ってしまうことです。

実は管理人としてはこのスクールに通うというのは最もおすすめしたいです。なぜなら、スクールに通えばこれから取り上げるようなメリットがあるからです。

  • プロの指導を受けてスキルを覚えられる
  • 優れたカリキュラムがあるので挫折せずに済む
  • スクールを卒業すれば仕事も紹介してもらえる

特にポイントになるのが1の「プロの指導を受けてスキルを覚えられる」点。これがあるので独学よりもはるかにスムーズに手に職をつけることが出来ます。

未経験歓迎枠で転職する

「何事も習うよりも慣れろ」という言葉があるように手に職をつけたいのでしたら机で勉強するよりも職場で覚えるのが一番。

その際に自分が身に付けたスキルが身につく会社の未経験採用枠を利用し、職場を変えるのが有効です。

それではどうして未経験採用枠を利用して身に付けたいスキルが身につく職場に移るのが良いかというと、

  • 会社の教育研修を受けられる
  • 業務の中で実務に即したスキルが学べる
  • 1日8時間は手に職をつける修行ができる

特に1の「会社の教育研修を受けられる」というのは大きなメリットがあります。だってお金をもらいながら先輩社員という現役のプロから技を教えてもらえますからね。

しかも学んだスキルを定着されるための実践の場はいくらでも日々の業務の中で用意されています。インプットとアウトプットを同時に行えるなんて最高の環境ですよね。

この点を考えると給与が大幅に下がるような状況でも未経験で採用してもらえるチャンスがあるのでしたら利用しない手はありません。

副業で仕事を受けてみる

「習うよりも慣れろ」の1つになりますが、手に職をつけたいのでしたらスキルがなくても副業という形で仕事を受けてみるのも手。

それではどうして仕事を受けてみるのが良いかというと、仕事を受けるとお金が発生するので真剣にやらざるを得ないためです。

例えばあなたがライティングのスキルを学びたいのでしたら、未経験可のライターの募集案件に応募をしてみます。

無事に採用されれば仕事という名の実戦の場が手に入ります。

この実戦の場で今の自分のスキルで納品できる最高のレベルの成果物を出すことを何度も続ければ自ずと自分自身の能力は上がっていきます。

こういった本気を出すことが求められる本番を繰り返せばあなたのスキルはプロの領域にまで至ります

7種類の手に職となる仕事をご紹介

7種類の手に職と言える仕事一覧
この見出しにあるように手に職となる仕事には7種類に分かれます。そしてこの7種類の手に職となる仕事というのは以下の通りです。(気になるものがあればリンクを押せば該当部位に飛べます。)

  1. 資格をいかした先生職
  2. ものづくりに携われるもの
  3. 職人として尊敬される仕事
  4. IT関係のプロフェッショナル職
  5. 在宅でも働ける仕事
  6. 介護・医療関係の仕事
  7. 文系の強みがいかせる手に職

ここで取り上げた7種類の手に職となる仕事の特徴については上から順番にご紹介していきます。

資格をいかした先生職

まず最初に取り上げるのは資格を取得すれば「有資格者の先生」という形で職にあぶれなくなる仕事です。具体的にはどんな仕事があるかというと、

  1. 弁護士
  2. 税理士
  3. 歯科医師
  4. 医師
  5. 公認会計士
  6. 社労士
  7. 行政書士
  8. 司法書士

なんてものがあります。これらの職業に就くためには国が認めた国家資格を取得しなければいけないので一度取得すれば資格保有者しかつけない安定した仕事につけます。

特に公認会計士・医師・弁護士という最難関資格は別格で一度取得すれば年収600万円を切ることはまずありません。

もちろん公認会計士・医師・弁護士のような最難関資格を取るのは難しいですが、社労士や司法書士のような準難関資格は努力次第では取れますので狙い目。

ものづくりに携われるもの

2つ目に取り上げる手に職となる仕事の種類はものづくりに携わることになる仕事です。具体的には

  1. 機械加工技能士
  2. 溶接疑似納車
  3. 大工さん
  4. 有機溶剤作業主任者
  5. 電気工事士
  6. 配管工
  7. CADオペレーター

なんてものがあります。これらはどれもものづくりに必要な技術を覚えてそのスキルを通して社会に貢献する仕事になります。

ちなみに管理人の中で特におすすめなのは一番最後に取り上げたCADオペレーターです。

この仕事はものづくりの世界において商品の企画者が作成したざっくりとした設計書を明確な設計図に落とす仕事です。

言ってしまえばものづくりにおける脚本家みたいな仕事です。

一度CADオペレーターとしてのスキルをマスターすればどんな設計書もかけるようになるのでものづくりの世界においては引く手数多な存在になれます。

職人として尊敬される仕事

次に取り上げるのは熟練の技術を持っている職人として一目を置かれる仕事です。このような特徴を持つ仕事としてはこれから取り上げるようなものがあります。

  1. 熟練の料理人
  2. 一流の陶芸家
  3. すし職人
  4. 仏壇職人
  5. 和釘職人
  6. 家具職人
  7. 革職人

どの仕事も普通の人が作れない特別なものを作れるために「職人」として周りから一目を置かれます。

ちなみに「職人」として一目を置かれている仕事は後継者が不足している仕事が多いです。そのため、本気の覚悟を持って弟子入りを希望すれば意外と簡単に弟子になれてしまいます。

手に職を持つ職人さんにあこがれているのでしたら弟子を募集している親方を探して弟子入りを申し出てみる事をおすすめします。

IT関係のプロフェッショナル職

次に取り上げる手に職となる仕事はIT分野の専門職です。具体的な職種としては以下のようなものがあります。

  1. WEBデザイナー
  2. システムエンジニア
  3. プログラマー
  4. データサイエンティスト
  5. WEB広告の運用担当者

どの仕事もパソコン一台があれば専門性の高い仕事をこなせるプロフェッショナル職になります。

IT関係のプロフェッショナル職は昨今のIT化の推進により労働市場での評価はうなぎのぼりなので一度スキルを得れば仕事に困りません

特にプログラミングという技術を覚えたプログラマーは日本国内はもとより世界各国から引く手がある人材になれます。

事実、最近ではリモートワークというものが流行っており、熟練のプログラマーの元には無数の業務委託案件が振ってきます。

当然、熟練のプログラマーになるのは難しいですが一度なれば仕事に困ることはないので仕事にあぶれたくないのでしたら目指す価値があります。

在宅でも働ける仕事

5つめに取り上げる手に職となる仕事は在宅でも働けるタイプの仕事になります。具体的な仕事としてはこれから取り上げるようなものがあります。

  1. ライター
  2. 動画編集者
  3. プログラマー
  4. WEB広告の運用担当者
  5. インサイトセールス
  6. 翻訳担当者
  7. アフィリエイター

どの仕事も共通して言えるのはパソコン一台があれば担当する業務を完結させられる仕事であることです。

例えばライターは記事を作ることが仕事である以上、雇い主からすれば記事を納品してくれれば在宅で働こうとオフィスで働こうと気にしません。

このようにパソコン一台で完結し、成果物の納品を通して報酬が発生する類の仕事はスキルさえあれば在宅ワークの求人も無限にあります。

そこで子育てや親の介護でなかなか家を離れられないのでしたら在宅でも働ける類の手に職をつけてしまうことをおすすめします。

介護・医療関係の仕事

6つ目に取り上げる手に職となる仕事は介護・医療というジャンルの仕事になります。具体的な仕事してはこれから取り上げるようなものがあります。

  1. 歯科衛生士
  2. ホームヘルパー
  3. 放射性技能士
  4. 看護師
  5. 介護士
  6. 社会福祉士

これらの仕事はどれも資格が求められる仕事であり、日本国内では数が足りていない仕事になります。

しかも介護・医療・福祉というジャンルは日本社会がどんどん高齢化社会になりつつある現状を考えると需要は増します。

要するに一度資格を取得し、一定の実務経験を積めば40代、50代になっても仕事にありつけることが出来ます。

資格の取得に関しても専門学校に通えば比較的簡単に取れるので難易度の面でも問題なし。この点をいつまでも働ける仕事をお探しでしたら目指してみる価値があります。

文系の強みがいかせる手に職

「手に職を持つ仕事」と聞くとどうしてもITやものづくりといった理系チックなものが多いように思えますが、文系向きの仕事もたくさんあります。

ぱっと文系向きの手に職となる仕事を思い浮かべると、これから取り上げるようなものが出てきます

  1. ライター
  2. 営業
  3. 通訳
  4. 経営コンサルタント
  5. 企画・マーケティング職

ここで取り上げた職種のポイントになるのは、文系科目が役に立つ仕事であることです。

例えばライターは文章を書くために国語力が重要になりますし通訳は外国語の能力が求められます。

また、経営コンサルタントはプレゼンテーション能力と論理力が求められるのでこれも文系に向いています。

そこでもしあなたが技術に疎い文系出身者でしたら文系ならではのキャリアがいかせる手に職となる仕事につくことをおすすめします。

学ぶスキル選びで失敗しないコツ

学ぶスキル選びで失敗しないコツ
いざ手に職をつけようとしても頭を抱えるのが身に付けるスキル選びです。

そこでここでは身に付ける手に職選びを誤らないためにも絶対に確認しておきたい5つのポイントをまとめてみました。

  1. 平均年収を確認する
  2. スキルの将来性を考える
  3. 老後も働けるか考える
  4. あなたとの適性を考える
  5. 男性社会か女性社会かを確認する

ここで取り上げた5つの詳細については上から順番にご紹介していきます。

平均年収を確認する

興味・関心と同様に身に付ける手に職を選定する際に気を配りたいのが手に職を身に付けた後の年収です。

例えばあなたが、「子供が好き」、ということで保育士の資格を取得したとします。この資格があれば保育園で働けるので保育士の資格は手に職になります。

しかし、保育士の平均年収はというと全国平均で300万円を切るといわれております。これでは地方ならいざ知らす都内では生活は厳しいです。

このように手に職をつける努力をしても十分な収入が見込めないことは十分にある以上、スキルを身に付けたあとの期待年収はあらかじめチェックしたいですね。

スキルの将来性を考える

「AIが人の仕事を奪う」、という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

この言葉が意味するのは、仕事の機械化・自動化が世の中で進み、今まで人が担当していた仕事がどんどん機械に代替されるということです。

実は身に付ける手に職を選ぶ際にはこの機械化の波を考えるのが非常に重要になります。

なぜなら、手に職をつける目的の1つになりうる「失職リスクを下げる」という点を考えると機械に代わられにくいスキルを選んだ方が良いに決まっているからです。

この点を考えるとせっかく手に職をつけるのでしたらAI化されていく現代の社会でも衰退しない仕事を選ぶことをおすすめします。

老後も働けるか考える

これから手に職をつけたいのでしたら老後も働けるものを選ぶのが無難です。

というのも現在の日本では定年は65才ですが、おそらくこの年齢は伸びます。それに年金の支給年齢の繰り上げも考えられる以上、65才以降も働くことはほぼ確実。

この点を考えるとせっかくスキルを身に付けるのでしたら70才、80才、となっても
仕事にありつける類のスキルを得た方が良いです。

そこで取得を目指す資格やスキルを考える際には「この資格やスキルは老後にも役立つものなのか?」という点については必ず考えておきたいですね。

ちなみに70才、80才でも問題なく仕事にありつける手に職となるスキルや仕事の一例については以下のページで取り上げているのでぜひご覧ください。

老後でも働ける仕事と稼げる老人になる方法とは?

あなたとの適性を考える

実は手に職を身に付けるかを考える際に欠かせないのが、あなたとの相性。

例えばあなたが本当に手先の不器用な女性だったとします。この場合、手先の器用さが一定レベルは求められるネイリストになるのはかなり厳しいです。

それにもしあなたが高い所が苦手な高所恐怖症がある場合、高いところに上ることになる大工を目指すのは現実的ではありません。

また、最近注目を集めているIT関係のプロフェッショナル職に関してもパソコンを使って黙々と作業をするのが苦手な人には相性は最悪。

加えて数字にアレルギーがあるのでしたら数字を毎日見る事になる税理士や公認会計士の勉強に取り組むのは苦行でしかありません。

このように適性のない仕事に挑戦するのは苦痛でしかない以上、身に付けるスキルを選定する際にはあなたとの相性は考えましょう。

理想はもちろん「ばっちりと向いているもの」を選ぶべきですが、最悪でも「明らかに適性がない」ジャンルを避けられればオッケーです。

男性社会か女性社会かを確認する

今の日本には男性だからなれない、女性だからなれない、という仕事はほぼなくなりました。

現に最近までは女性の花型の仕事の1つであるキャビンアテンダントになる男性も増えております。

このように男性も女性もなりたい仕事を目指すことはできますが、職場環境としては男性向きなのか女性向きなのかという特徴があります。

職場の9割が男性で女性が出世しにくい世界で女性が働くのは働きにくいと思います。その一方で職場の大半が女性の看護師の世界で男性が生き抜くのは容易ではないです。

この男性社会なのか女性社会なのかは手に職を付けた後に職場で充実した日々を過ごせるかを考える際に重要になるので身に付ける手に職を考える際には考えておきましょう。

念のために男性並びに女性と相性が良い手に職となる仕事の一例をまとめてみましたのでご覧ください。

相性男性向き女性向き
仕事大工
ITエンジニア
コンサルタント
医師
歯科衛生士
看護師
WEBデザイナー
薬剤師
選定理由体力が求められるため
職場に男性が多いため
出張が比較的多いため
女性が多い
時短勤務もしやすい
働くママさんが多い

年代別男性におすすめの仕事

男性におすすめしたい仕事一覧
先ほど身に付ける手に職を選ぶ際に男性向きなのか女性向きなのかという点は重要になると言いましたよね。

そこでここでは男性がこれから手に職をつける際に念頭に置いておきたいポイントとおすすめのスキルを以下の年代別にご紹介していきます。あなたが該当する年代の部位だけでも構いませんのでぜひご覧ください。

それではまずは20代の男性向けの内容から取り上げていきます。

20代の男編

20代の男性が手に職をつける際に念頭に置きたいのは、男性は20代で手に職をつければ無敵になれる点。

なぜなら、転職市場において20代は管理職の経験はさほど重視されずプレイヤーとしてどれだけ優秀であるかが問われるからです。

そのため、市場から評価される手に職となるスキルを身に付ければ20代という若さもあるので転職市場では無敵になれます。

中でも今から取り上げるようなスキルを持つ20代は市場価値が高いのでこれから手に職をつけたいのでしたら注目をすることをおすすめします。

  1. プログラミングスキル
  2. TOEIC900レベルの英語力
  3. 簿記1級クラスの会計力
  4. WEB広告の運用スキル

中でも最初に取り上げたプログラミングスキルは今後の日本経済のIT化も考えると価値が高まるのでおすすめしたいです。

ちなみに当サイトでは以下のページでこれから手に職をつけたい20代の男性に役立つ情報を公開しているのでぜひご覧ください。

20代男子におすすめの手に職一覧

30代の男編

30代の男性が手に職をつけようとする際に非常に重要になるのが職歴がなくても職にありつけるスキルを選ぶことです。

なぜなら、20代ならいざ知らず30代になるとスキルをつけてもスキルを活かした業務経験がないと仕事が見つからないケースがあるためです。

そしてスキルさえあれば実務経験がなくても仕事を得られる手に職となるスキルとしては以下のようなものがあります

  • プログラミングスキル
  • WEBデザイン技術
  • WEBサイトの制作者

ここで取り上げたスキルは身に付けたスキルをベースに自分で制作物を作り、企業に提出することが出来ます。そのため、仮に実務経験が無くともスキルがあれば仕事に比較的簡単にありつけます。

40代の男編

40代という中年になってから手に職をつける際に欠かせないのがこれまでのキャリアとの関連性のあるスキルかどうか

というのも40代の場合は市場性のあるスキルを得たとしてもスキルを使った実務経験がなければまず採用されないからです。そして採用されない理由は率直に言えば年齢です。

この年齢の壁を超えるのは厳しい以上、手に職を得たいのでしたら今までのキャリアをいかせるスキルに絞るのが無難。

例えばあなたが長く人事の仕事をしていたのでしたら社労士の資格を取得し、人事だけではなく労務管理にも精通した人間になる。

また長く広報の仕事をしているのでしたら動画の編集スキルを覚えて動画で会社のPRも出来るようになれば市場価値が上がります。

今取り上げた仕事の幅の広げ方と40代の男性におすすめの手に職となるスキルの一例については以下のページでまとめておりますのでぜひご覧ください。

本当に40代に役立つ手に職のつけ方とは?

50代の男編

50代のあなたが手に職をつけたいのでしたら個人でも仕事を取れるスキルを得るべきです。

なぜなら、50代というのはどの企業に行っても「高齢な人材」と思われるのでスキルが高い人でも再就職や転職には苦労するという実情があるからです。

つまり、再就職・転職を目的にこれから手に職をつけようとするのは年齢というハンディがある以上、合理的ではありません。

この点を考えるとこれから手に職をつけるのでしたら副業・独立問わずとも個人で仕事を取れるものを選ぶのが無難

そして50代の年齢がハンディにならずに個人で仕事を取ることに役立つ手に職となるスキルや資格としては以下のようなものがあります。

スキル資格
営業スキル中小企業診断士
動画編集スキル税理士
WEBサイトの制作技術社労士

ここで取り上げたスキルや資格は保有すれば年齢問わずに業務委託での求人案件がありますので50代から手に職をつけたいのでしたらおすすめです。

女性におすすめの仕事

女性におすすめしたい仕事一覧
次は女性が手に職をつける際の注意点とおすすめの仕事を年代別にご紹介します

まず最初は20代の独身女性向けの内容から取り上げますが、あなたが20代以外だったり、既婚者でしたら以下をどうぞ。

20代の女編

20代の女性が手に職をつける際にポイントになるのが妊娠・出産後も正社員として働けるスキルである点。

というのも妊娠・出産によって離職をした人材はキャリアにブランクが出来るので労働市場では決して高く評価されません。

その結果として出産後に仕事を探しても正社員の仕事を探しても見つからず、アルバイトや派遣でしか働けなくなる事態は容易に想定されます。

この点を考えると一度身に付ければ数ヶ月~2年程度のブランクがあっても正社員の仕事を簡単に得られるスキルの習得を目指すのが無難。

そして一度身に付ければブランクがあっても正社員としての職が見つかるスキルや資格の一例は以下の通りです。

スキル資格
オフィスソフトの利用登録販売者
WEBデザイナー介護福祉士
ライティングスキル宅地建物取引士

なお、20代の女性が手に職をつける際に参考になる情報については以下のページでより詳しく取り上げているのでよろしければどうぞ。

本当に20代の女性に役立つ手に職一覧

30代の女編

30代の女性が手に職をつけようとする際に欠かせないのが子育てと両立が出来る働き方を選べる手に職であるかという点。

というのも30代となるとお子様が幼稚園に入ったり、小学校に通ったりと一番手のかかる時期にバッティングするケースが多いからです。

そして子育てとの両立がしやすい働き方としては以下のようなものがあります。

  • 在宅勤務が可能
  • 時短勤務が可能
  • 子供の体調に合わせて休みやすい

上記のような働き方が出来る上で普通のアルバイトの倍以上の収入が得られるスキルとして以下のようなものがあります。

  • プログラミングスキル
  • ライティングスキル
  • WEB広告の運用スキル

これらのスキルを取得すれば在宅で働ける求人案件はいくらでも手に入りますし、シフトに融通が利く派遣という働き方でも時給2,500円~3,000円は固いです。

40代の女編

40代の女性が手に職となるスキルや資格の取得を目指す際に欠かせないのが「実務経験がゼロ」でも雇ってもらえるかどうか

というのも日本の労働市場ではスキルと同じくらい若さを重視します。そのため、40代という中年になればスキルを得ても「若さがない」という理由で不採用になるケースが多いのです。

この点を考えると手に職をつけるのを目指す際には年齢がそこまで不利にならないのを選ぶのが無難。

この年齢がそこまで大きな問題にならないスキルや資格の一例としては以下のようなものがあります。

スキル資格
オフィスソフトの利用登録販売者
WEBデザイナー介護福祉士
ライティングスキル宅地建物取引士

どれも取得すれば若さが無くても「スキルがある人」・「資格がある人」として見なされるので仕事にありつけます。

50代の女編

50代の女性が手に職をつけようとする際に絶対に押さえておきたいのは時給単価の高い非正規職員になれるかどうか。

というのも特別なキャリアがない普通の50代女性が仕事を探しても正社員の求人はほぼ見つからず、非正規で働くしかありません。それに正社員にこだわると永遠に仕事を見つけられないかもしれません。

この点を考えると正社員に見劣りしないだけの給与が見込める非正規職として働く事を目指すのが無難なのです。

そして取得をすれば時給単価の高い非正規の仕事にありつける資格やスキルとしてはこんなものがあります

スキル資格
事務全般のスキル社会福祉士
電話営業スキルリンパマッサージ師
全般的なITスキル登録販売士

どれも身に付ければ50代であっても時給で1,500円程度の求人も比較的簡単に見つけられます。時給1,500円ならば月に160時間働けば月収が24万円ももらえるので暮らしていくのは十分なはず。

主婦編

次に現在主婦をしている女性にぴったりな手に職となるスキルや資格についてご紹介します。

こちらについては30代女性の欄でご紹介しましたように子育てと両立をしやすい仕事にありつける資格やスキルに目をつけるのが無難。

そして子育てと両立がしやすい仕事にありつけるスキルや資格としては以下のようなものがあります

スキル資格
プログラミングスキル看護師の資格
WEBサイトの制作技術薬剤師の資格
WEBデザインスキル行政書士の資格

ここで取り上げた資格やスキルはどれも一度手に入れれば時短勤務の選択も可能になりますので子育てとの相性が抜群。

特にWEBデザインやWEBサイトの制作スキルを覚えれば在宅ワークも可能なので家事・育児・仕事の同時並行がしやすくなります。

妊娠中でも働ける仕事一覧

次に「手に職をつける」という当サイトのテーマとはやや異なりますが、妊娠中でも比較的働きやすい仕事を一覧にしてみました

  1. インサイドセールス
  2. ウェブデザイナー
  3. プロのライター
  4. システムエンジニア
  5. データ入力の代行
  6. リサーチ代行
  7. 翻訳業務

今取り上げた7つの仕事には大きな共通点があります。それは何かというとパソコン一台あれば仕事をこなせる点。

こういった類の仕事はスキルさえあれば在宅で働くことが出来るので体への負担を最小限にしながら仕事に取り組めます。これは妊娠中の女性には都合が良いはず。

そこで現在妊娠をしていたり、将来的に妊娠・出産のご予定があるのでしたら在宅ワークが可能な仕事に挑戦をする。

または在宅ワークが出来るだけのスキルがないのでしたら在宅ワーカーとして働けるだけのスキルの取得を目指すことをおすすめします。

なお、在宅ワークについては以下のページで特集しておりますのでぜひご覧ください。

スキルがあれば在宅ワークし放題

稼げる資格と稼げない資格

稼げる資格と稼げない資格とは
「手に職が欲しい」を思う人が必ずと言ってよいほど目をつける資格の取得ですが、資格の中には稼げるものもあれば稼げない資格もあります。

当然、稼げない資格を取得しようとすると資格を取っても年収アップは見込めませんし失職リスクを下げる事にも繋がりません。

そこでここでは平均年収やくいっぱぐれのしにくさから今取るべき資格と取得しても旨味がない取得する価値のない資格を順番にご紹介します

今取るべき資格とは?

ちなみに手に職となる資格というのは、その資格を持っていれば有資格者として「有資格者枠」で就職が出来る資格になります。この「有資格者枠」として一目を置かれる資格の一例は以下の通りです。

  1. 公認会計士
  2. 弁護士
  3. 社労士
  4. 税理士
  5. 司法書士
  6. 宅地建物取引主任者
  7. 看護師

ここで取り上げた資格は資格保有者でないと出来ない仕事がある資格になります。こういった資格を持たないとこなせない仕事を持つ仕事は有資格者向けの求人があるので仕事にありつきやすいです。

中でも一番最初に取り上げた公認会計士は管理人が最もおすすめしたい「手に職となる資格」です。この公認会計士の資格の特徴は以下のページでまとめておりますのでぜひご覧ください。

公認会計士とはどんな資格なのか?

取るべきではない資格

逆に手に職をつけることを目的に資格の取得を目指すのでしたら絶対に目指してはいけない資格もあります。この手に職にならない資格の一例については一覧にしてみましたのでご覧ください。

  1. 簿記2級
  2. TOEIC800点
  3. FP2級
  4. ITパスポート
  5. ビジネス文章検定

ここで取り上げた資格の特徴は職にありつける仕事ではない事です。例えば多くの社会人が取ろうとする簿記2級ですが、簿記2級がないと取り組めない仕事はありません。

そのため、簿記2級を持ったところで有資格者ではないと扱えない仕事にありつけるわけではないのです。この話は簿記2級だけではなくTOEICもFP2級もITパスポートもビジネス文章検定も同様です。

取得しても仕事を得られるかどうかわからない資格はとってもあまり役に立ちませんのでそんな資格を得るくらいなら稼げるスキルを学びましょう。

手に職をつけたいなら小さな行動をしよう

これからでも手に職をつけよう
このページではここまで手に職がある人の定義や手に職を得るメリット、そして年代別におすすめの手に職となる資格やスキルについてご紹介しました。

正直な話、色々な情報を取り上げてきたので整理が出来ていないかもしれないので最後にこのページで取り上げた内容の中で特に押さえておきたい5つのポイントを一覧にしてみました。

  1. 手に職を持つと職に困らなくなる
  2. 学ぶスキルや資格は稼げるものが一番
  3. 今後伸びるスキルはIT関係のスキル
  4. スキルの習得は働きながらでも可能
  5. 若い時に手に職を得た方が良い

特にここで一覧にした5つのポイントの中で特に注目をしたいのは「若い時に手に職を得た方が良い」という点

これは当たり前ですが、40代になって手に職を得るのと20代のうちに手に職を得ようとするのとでは生涯年収も仕事探しの難易度も大きく変わります。

この点を考えると「手に職をつけたい」と思いましたら今すぐにでも手に職をつけるための行動を開始するのが無難。それにそもそもの話、あなたの人生において最も若いのは今日ですしね。

このページの内容があなたの人生を変えるきっかけになれば幸いです。

最後に手に職をつける方法とおすすめの仕事についてまとめているページをご紹介しますのでぜひご覧くださいね。

これから手に職をつける際の注意点
本当に役立つ食える資格とは?

手に職をつけるぜナビ~おすすめの仕事と持つと強い資格のまとめ