スキル次第で在宅ワーカーになれる職業4選

在宅ワーカーになれる

手に職があれば自宅で稼げる

実は管理人は在宅ワークで働いた経験が3年間あります。

え、と思うかもしれませんがこれは本当です。

自慢ではありませんが一般の人よりも自宅で働いていた経験が長い管理人が声を大にして言いたいことはもしあなたが在宅ワークに興味があるのでしたら手に職となるスキルを持つべき、ということです。

例えば手に職となるスキルの代表格であるプログラミングというスキルを身につければ在宅で働ける仕事は無数に見つかります。

この話を聞くと手に職をつければ在宅ワークの仕事に簡単にありつける気がしないでしょうか?

そこでこのページでは在宅ワーカーとしての勤務歴が通算で3年になる管理人が手に職次第で簡単に在宅ワークの仕事が見つかるになる4つの職業をご紹介しますのでぜひ目を通してみてくださいね。

在宅ワークが簡単な仕事一覧

まずはじめに今回取り上げる在宅ワークの仕事がいくらでも見つかる4種類の職業を一覧にしてみましたのでぜひご覧くださいませ。

  1. WEBマーケター
  2. ライター
  3. プログラマー
  4. サイト制作者

実は管理人は今紹介した仕事の全てを在宅で請け負った経験があります。

その経験から言えることは今取り上げた4つの仕事は一定のスキルを得れば在宅ワークという形態で働いていても普通のサラリーマン並みの所得を得ることが可能だということです。

家で働いてしかも給料は会社員の場合なんて在宅ワークをしたいあなたには夢のような話だと思います。

そんな夢のような話を実現することが可能な4種類の職業の特徴と期待年収についてはこれから一つずつ取り上げていきますので一緒に見ていきましょう。

WEBマーケター

最初に取り上げる手に職次第で在宅ワークの仕事が簡単に見つかる職業はWebマーケターです。

そもそもWEBマーケターとは何かと言いますとインターネットを通してお客さんを集めることができるデジタルマーケティングのスキルを持っているマーケティングのプロのことを指します。

ちなみにWebマーケティングのスキルにはどんなものがあるかと言うと、Web上でよく見かけるバナー広告を扱う広告の運用能力。それにGoogleの検索で上位表示されるようにするSEOに関する技術力。

またWeb上のデータを分析してお客さんの情報を解析するデータ解析技術などがあげられます。

今取り上げたような手に職となるスキルを持つWEBマーケッターになればキャリーミーやレバテックと言ったサイトに登録すれば在宅で働ける案件をいくらでも手に入れることができます。

現に管理人自身も現役のWebマーケターの端くれですが在宅で働ける副業案件を獲得したことがあるくらいなので自身の経験を交えての話になりますが、Webマーケターとして普通に働けるレベルになれば在宅ワークはいくらでも出来ると言い切れます。

ちなみに気になる報酬に関しては案件次第、というのが正直な話ですが月収で30万円から40万円程度はもらえます

この金額を考えると一定の手に職があるWEBマーケターは在宅ワーカーという勤務形態でも普通のサラリーマンと同じ水準の給与が得られるので在宅ワークにはもってこいの職業と言えます。

ライター

二つ目に取り上げる在宅ワークを簡単に行える仕事はライターです。

このライターというのはどんな仕事かと言いますと発注者側が求める記事を書き上げて対価をもらう仕事です。

特に最近人気なのが企業のWebサイトに掲載する記事を書くWeb専属のライターです。

このWEB専属のライティング案件は探せばいくらでも出てきますし、ライティングという手に職を極めれば一文字単価で3円程度はもらえます。

つまり文字数が4,000文字の記事を書けば4,000字×3円で計算される12,000円があなたの報酬になってしまうのです。

そのため、毎週4本の記事を書き、月に16本の記事を書くことができれば月収ベースで192,000円(12,000円×16)の報酬を受け取ることができます。

ちなみにライターは記事を書きあげることが仕事である以上、与えられた記事を納期通りに納品さえできれば在宅ワークも認められます。

しかも求められるスキルは日本語を書く能力なのでプログラミングのような専門的なスキルが求められない仕事である以上、在宅ワーク初心者に人気があります。

そこでもしあなたが何か手っ取り早く始められる在宅ワークをお探しでしたがライターの仕事を請け負うことをおすすめします。

プログラマー

三つ目に取り上げる手に職次第で在宅ワークが可能な仕事はプログラマーです。

このプログラマーとはどんな仕事だと言いますと発注者が求めるシステムを設計し、そのシステムをプログラミングを使って作る仕事です。

それではどうしてプログラマーが在宅ワーカーに簡単になれるのかというと日本ではプログラミングができる人材が圧倒的に不足しているからです。

現に3年程度の実務経験があるプログラマーであれば在宅で働ける契約でありながらも雇用形態が正社員になれる求人案件も無数に見つかります

それに仮に3年の実務経験がなかったとしてもきちんとプログラミングを勉強して体系的なスキルが身についていれば在宅ワーカーとして業務委託の仕事は請け負い放題。

実際ランサーズやクラウドワークスといった外注サイトの求人案件を見れば手に職があるプログラマーを募集している企業は無数に見つかります。

ちなみに気になる報酬については在宅ワークが可能な案件を多数紹介しているレバテックの掲載案件を調べたところ、少なくても月収で50万円程度の金額が見込めます。

この点を念頭におくと一定のプログラミングスキルがあれば在宅ワークで年収600万円を実現すること出来てしまいます

そこでもしあなたが本気で稼げる在宅ワークをお探しでしたら真剣にプログラミングの勉強を始めていることをおすすめします。

サイト制作者

最後に取り上げる手に職次第で在宅ワーカーとして働ける仕事に簡単に巡り合える職業はWebサイトの製作者です。

このWEBサイトの製作者とは何かと言いますと企業や個人からウェブサイトの制作の案件を受けサイトを制作するクリエイターです。

実は今ではどこの企業もホームページを持っておりますが、綺麗なサイトを持っている企業は意外と少ないのでウェブサイトを作れるというスキルがあれば簡単に仕事を獲得することができてしまいます。

しかも意外に思うかもしれませんがWebサイトを作る技術はそんなに高いレベルの技術を求められません。

現に今の時代ではWordPressといったCMSツールがあるのでそのツールを簡単にカスタマイズすることができてしまえばきれいなWEBサイトは出来てしまいます。

そのため、在宅ワークの典型例の1つであるサイト制作の請け負いというのは実は努力をして一定の手に職をつけてしまえば誰でも出来てしまうのです。

難易度の話はこのあたりにして置き、気になる報酬に関しては個人で仕事を受けるか企業に在宅ワーカーという形で雇用されかによって変わります。

ですが、月に2つから3つ程度のサイトを作ることができれば企業に雇用されようが個人で仕事を請け負うにしても月収で30万円程度の報酬は期待できます

手に職があれば在宅ワークし放題

ここまで手に職があれば簡単に在宅ワークが可能な案件に巡り会える4種類の職業について取り上げてきましたがいかがでしたでしょうか?

率直な話になりますが今回ご紹介したWeb マーケター、ライター、プログラマー、サイト制作者を目指せば簡単に在宅ワークの仕事に巡りあえます。

特にWebマーケターとプログラマーは手に職次第では在宅ワーカーでも月収50万円を超えることも可能なので手に職をつけて在宅ワーカーを目指すのでしたら是非とも注目しておきたい職業と言えます。

ちなみに実務経験ゼロでWebマーケター並びにプログラマーを目指すのでしたらテックアカデミーというITスクールに通ってみることをお勧めします。

このテックアカデミーは管理人も利用しましたが3ヶ月間であなたが得ようとしている手に職となるITスキルを習得できるので在宅ワークに欠かせないITスキルを身に付けるのでしたら最高の環境と言えます。

散々持ち上げましたが、管理人が実際に利用した経験があるテックアカデミーの詳しいサービス内容については以下のページでまとめているのでぜひご覧ください。

テックアカデミー詳細はこちら

手に職をつけるぜナビ~おすすめの仕事と持つと強い資格のまとめ