女が若いうちに身に付けるべき手に職

20代女性におすすめの手に職

手に職がある20代女性は人生が安泰

  • 「将来のために何か手に職を身に付けたいなぁ」
  • 「結婚・出産後も働ける手に職が欲しいなぁ」
  • 「子育てをしながらでも仕事はしたいなぁ」

もしあなたが今取り上げたような思いを少しでもお持ちの20代の女性でしたら迷わず手に職をつけるべきです。

なぜなら、20代の女性は妊娠・出産・子育てといった人生で大切なイベントを経験することになるので、男性と比べると20代の間に仕事に没頭してスキルを磨くことが難しいからです。

その結果として妊娠や出産で一度会社を辞めてしまうと2度と社会復帰が出来なくなってしまう恐れがあります。

管理人としてはこんな目に遭う女性を一人でも減らしたいので、このページでは20代の女性が一度身につければいつでも社会復帰が可能な手に職となるスキルについてまとめてみました。

20代女性に人気の手に職リスト

まずはじめに20代の女性であるあなたが絶対に身に付けておきたい本当の意味で手に職となるスキルを一覧にしてみました。

  1. 書類作成スキル
  2. WEBデザインスキル
  3. 営業スキル

この3つのスキルが何を指すのかについては1→3の順番でこれよりご紹介します。

書類作成スキル

この書類の作成技術というのは、エクセルやパワーポイントできれいな資料を作成する技術です。

それではどうしてこの書類作成スキルが今20代の女性が身に付けるべきかというと、エクセルやパワーポイントで見やすい資料を作れる女性社員はどの企業でもアシスタント職として求められるからです。

それに働き方に関しても正社員以外にも契約社員や派遣という働き方もできるのでかなり融通が利きます。

オフィスワークなので体への負担も少なくて済みますので事務職として長く働きたい20代の女性にとって書類作成スキルを身に付けるのは非常に賢い選択といえます。

WEBデザインスキル

2つ目にご紹介する20代の女性にぴったりな手に職となるスキルはWEBデザインのスキルです。

このWEBデザインのスキルというのは、その名の通り、WEBサイトをデザインするWEBデザイナーとしてたべていけるスキルになります。

実はこのWEBデザイナーという仕事は男女差別がない仕事なので女性に人気があります。

ちなみにWEBデザイナーという仕事は、基本的なデザインスキルを体系的に学べば会社に属さずフリーで仕事に取り組むことも出来てしまいます。

しかも会社員として働く際にも在宅で働くことも会社によっては認めているので、一般的な仕事と比べると自分の生活スタイルに合わせた働き方を選べます

この特性は妊娠や結婚や子育を控える20代女性に都合が非常に良いので注目に値します。

営業スキル

最後に取り上げる20代女性が注目すべき手に職になるスキルは営業スキルです。

この営業スキルがどんなスキルであるのかについてはある程度は想像がつくかと思いますが、改めて端的にご紹介しますと自社の商品をお客さんに買ってもらえるように売り込めるスキルです。

実はこの営業スキルは一度身に付ければどの企業でも営業担当者として働けるため、妊娠などで職歴に空白期間が出来ても社会復帰が簡単です。

それに最近は少なくない企業で時短勤務が可能な営業職の採用枠があるので、他の職種の仕事と比較すると営業は家事や育児と両立させやすい仕事といえるので注目に値します。

今更ですが身に付けるべき手に職の特徴とは?

先ほど20代の女性に人気がある手に職となるスキルについてご紹介しましたが、全ての手に職となるスキルが20代の女性と相性が良いわけではありません。

そこでここからはあなたが誤って20代女性と相性が良くないスキルを学ぼうとしないためにも20代の女性と相性が良い手に職となるスキルの特徴についてまとめてみました。

  1. スキル次第で女性も活躍できること
  2. 柔軟な働き方を選べる
  3. 自給換算で2000円は見込めること
  4. 全国各地で簡単に職が見つかる
  5. 正社員としての就労の道もあること

今取り上げた1~5の詳しい内容についてはそれぞれ上から順番にこれよりご紹介していきます。

スキル次第で女性も活躍できること

20代の女性であるあなたが身に付ける手に職を選ぶ際に必ずチェックをしたいのが、スキル次第で女性も男性と同じように活躍ができるジャンルであるのか、という点。

実はこの女性が輝けるフィールドであるかという点は非常に重要です。

なぜなら、女性が活躍しにくい分野のスキルを選んだ場合、手に職をつけてもなじめる職場に巡り合えず、結果として再就職ができない状況に直面する可能性があるからです。

具体的には大工や期間工のように筋力勝負な分野や周りが男だらけの完全な男性社会のフィールドは避けるのが無難。

もちろん大工のケースは極端にせよ、20代の女性であるあなたがこれから手に職を身に付けるのでしたら輝いている女性が多いジャンルを選ぶことをおすすめします。

柔軟な働き方を選べる

また女性が輝きやすいフィールドであるのかと同じくらい重要になるのが、柔軟な働き方を選べるのか、という点。

なぜこの働き方の柔軟性が重要かというと、働き方を自由に選択できる仕事なら多くの働く女性が頭を抱える子育てと仕事の両立を比較的簡単に実現できるからです。

例えば時短勤務も可能な働き方が可能な手に職を身に付ければ子育てが忙しい時には時短勤務の選択もできます。

それに在宅で働ける仕事につける手に職があれば子供を保育園に送ることなく仕事に取り組むことができます。

このように柔軟な働き方が可能になる手に職を身に付ければ仕事と育児の両立が非常に簡単になるので将来的に結婚や出産を考えている20代女性にとっては非常に都合が良いのです。

自給換算で2,000円は見込めること

実は手に職をつけるといっても身に付けるスキル次第で見込める収入が大きく変わります。

例えば20代の女性に人気の手に職がつく仕事の1つであるネイリストの平均的な期待年収は300万円です。その一方でITスキルという手に職をつけた一流のSEの平均年収は550万円以上。

このように一口に手に職をつける、といっても身に付けたスキルによって平均年収が変わるので、手に職を選ぶ際にはスキルを得た後の期待年収はチェックしたいですね。

ちなみに管理人がおすすめしたい指標としては一定レベルのスキルを身に付ければ時給単価で2,000円を稼げるかどうかです。この時給2,000円を稼げるスキルはかなり美味しいスキルといえます。

全国各地で簡単に職が見つかる

あまり考えたくはないと思いますが、20代の女性のあなたは今住んでいる地域を離れざるを得ない状況に直面する可能性があるはずです。

よくあるケースとしては旦那さんや彼氏の転勤やあなたの両親に身の不幸があり、Iターンをしなければいけない、なんて状況です。

本当はこんな状況が起こらないのが一番ですが、仮に起こったとしても全国各地で仕事にありつける手に職を保有していれば、転勤後の再就職も簡単に行えます。

この点を考えると、せっかく手に職をつけるのでしたら全国各地で求められるスキルを選んでおくことをおすすめします。

正社員としての就労できること

また、これは人生のリスクヘッジのためですがせっかく手に職をつけるのでしたら職歴に1年程度のブランク期間が出来ても正社員として働く道が常に開かれているスキルを選ぶことをおすすめします。

これは厳しい現実かもしれませんが、結婚や出産で一度仕事を辞めた場合、今の日本では正社員として女性が職場に復帰するのは簡単ではありません。

その結果として働きたくても採用されるのは時給900円のパートだけ・・・・

なんて状況に直面する女性は世の中に無数にいます。

こんな目に遭わないためにも手に職をつけるのでしたら産休や育休で1年~2年程度仕事から離れていても正社員として雇用されるチャンスがあるスキルを選んだ方が良いのです。

ちなみに1年程度の職歴のブランクがあっても正社員として働く道が常に残されるスキルについては後程ご紹介しますのでご安心を。

B級資格の取得はおすすめできない

実は身に付ける手に職を選ぶ際に絶対に念頭に置いておかなければいけない点があります。

そしてそれは何かというと手に職を得ることを目的に資格の取得を目指すのは危険だという点です。この理由についてはこれからご紹介します。

実務経験がないと評価されない

これは非常に残酷な現実かもしれませんが、企業は基本的に資格を持っているだけではあなたのことを評価しません。

しかも厄介なことに資格を使っての実務をこなした経験のない資格保有者のことを「勉強はできるけど、仕事はできない可能性が高い人」とみなすことすらあります。

それではどうしてこんな評価を企業側はするかというと、企業は面接者のレベルや能力を過去の職務経歴から判断するからです。

つまり、資格の取得単体では採用面接ではそんなにアピールにならないのです。

その結果として、過去の職務経歴と関係のない資格を新たに取得したとしても採用面接の場では評価されず、資格取得の努力が水の泡になることはよくあります。

下手な資格に頼らない方が安全

今の話から何が言いたいかというと、手に職をつけたい20代の女性のあなたは資格にむやみに頼る道を選ばないのが望ましい、ということです。

この話を聞いても「資格を取りたい」、ということでしたら弁護士や医師免許とまでは言えませんが仕事にありつける難関資格の取得をお勧めします。

一例としては社労士だったり、司法書士ですね。こういった難関資格を取得すれば有資格者という待遇で働くことが出来るので仕事には困りません。

逆にもしあなたが難関資格を取得する覚悟がないのでしたら、「中途半端なレベルの資格は手に職にならない」、という現実を受け入れて、資格には頼らないことをおすすめします。

一番のおすすめの仕事はWEBデザイン

このページの中では20代の女性であるあなたが身に付けたい手に職がつくスキルとして、

  1. 書類作成スキル
  2. WEBデザインスキル
  3. 営業スキル

という3つを取り上げました。

この3つはどれも身に付ければ再就職も簡単になるので、20代の女性と相性抜群の手に職となるスキルといえるのでどれを身に付けても人生の景色が変わります。

その上での話になりますが、今回取り上げた3つのスキルの中で最もおすすめなのは、「WEBデザイン」です。その理由としましてはWEBデザインには、

  • どの企業も求めている
  • リモートワークという働き方も選べる
  • 比較的簡単に身に付けられる

という3つのメリットがあるからです。

中でもリモートワークという在宅で働く、という選択肢が可能になる点は注目に値します。

要するにWEBデザインという手に職を覚えれば、家で家事と育児をしながら働くことが出来てしまうのです。

これは結婚や子育てとのバランスを見ながら仕事に取り組むことが求められる20代女性のあなたにとって都合が良いはずです。

20代のいまのうちにスクールで学ぼう

これまでご紹介した理由で20代の女性にとっては救世主となりうるWEBデザインという手に職がつくスキルを身に付けるのは実はそんなに難しくありません

なぜなら、WEBデザインを学べる学校に4か月~半年程度通って集中的に勉強をすれば、WEBデザインで重要になるスキルは一通り学べてしまうからです。

しかも気になる料金に関しても30万円程度で収まる上にローンも使えますので、大学の学費と比べるとはるかに安い金額で一生ものの手に職をつけてしまえるのです。

この点を考えるともしあなたが本気で将来のことを考えて手に職をつけようとしている20代の女性でしたらWEBデザインを学べる学校に通ってみることをおすすめします。

20代女性に大人気のWEBデザインスクールはこちら

手に職をつけるぜナビ~おすすめの仕事と持つと強い資格のまとめ