仕事をしながら手に職を得る方法

働きながら手に職をつける

終身雇用が崩壊していつ失職するか分からない今日では手に職をつけることを真剣に考えているサラリーマンが増えていますし今のあなたもそんな一人のはずです。

あなたのような働きながら手に職をつけようとしている会社員がよく抱く気持ちとしては・・・

  • 「定年まで今の会社で働き続けられるか不安…」
  • 「手に職をつけて職にあぶれない人間になりたい」

なんてものがあります。

率直な話になりますがサラリーマンが安定といわれる時代は過ぎ去り好景気であるにも関わらず裏ではリストラの嵐。こんな時代背景を考えると手に職をつける努力をしないのは大きなリスク、と言えます。

しかし、いざ働きながら手に職をつけるようと思っても何をやれば良いのかが今ひとつわからずなかなか行動に移せないなんてこともありますよね。

そこでこのページでは年収の2割を自己投資に回している管理人が自身の経験も込めた上で働きながら手に職をつける方法についてまとめてみました。

働きながら手に職をつけられる3つの方法

サラリーマンが手に職をつける上で足枷になるジレンマの一つが、スキルアップのための勉強はしたいけれども生活費も稼がなければいけないということです。

実際、仕事と勉強の両立が難しくて手に職をつけたくてもつける努力をしない人は少なくありません。それに行動を始めたが途中で挫折してしまう、なんてこともあります。

そこでここでは働きながら手に職をつけたいあなたに向けて仕事とスキルアップの両立を可能にする3種類の方法をご紹介します。

隙間時間を使って独学をする

隙間時間を使って独学で勉強をするのは働きながら手に職をつける最も手軽な方法です。

事実、隙間時間での独学の場合はスクールに通うことと比較するとお金がかからない上に自分のペースで勉強できるというメリットがあります。

それに現在では通信教材や書籍が充実しており、働きながら独学での勉強もしやすくなっています。

たとえば、手に職の代表格であるプログラミングスキルの通信講座や教本は非常に充実しており、様々な種類があります。

こういった通信講座や教本を利用して通勤時間や出勤前の時間に勉強すれば、隙間時間を有効活用できますよね。

もちろん独学にもデメリットはあります。現に独学の場合は自分で調べる必要があるので技術や知見の習得に時間がかかるのでノウハウの習得時間にはやや課題があります。

この点を考えると隙間時間を利用しての独学というのはマイペースに勉強したい人にぴったりな学習方法になります。

仕事の合間にスクールに通う

働きながら仕事の合間にスクールに通って勉強することで手に職をつける方法も有効です。

なぜならスクールに通えばプロから教えてもらえるので独学よりも格段に手に職をつけるチャンスがあります。

しかも社会人向けのスクールの場合、働きながらでも通えるようにスクール側が配慮してくれますし仕事上のスケジュールと講義の日程の調整も結構柔軟にできます。

よくあるケースでは夜間や休日を中心としたコースを提供していたり、やむなく欠席した場合に別日へ振替られるシステムが用意されているところもあります。

こういった講座の振替ができれば急な残業になってしまったときも安心ですよね。そこで本気で手に職をつけたいのでしたらスクールに通う選択肢は大ありです。

未経験枠で転職をしてしまう

手に職をつけるため。思い切って未経験枠で転職をしてしまうという手もあります。

例えば「未経験歓迎」という表記のあるWEBデザイナーになれば、お金をもらいながらWEBデザインという手に職となるスキルを得ることが出来ます

未経験枠ですので、無理のないレベルから少しずつ仕事に活かしていけるのがいいですね。

さらに未経験枠の採用ですと、研修制度が充実していて会社側からスキルを学ぶ機会を提供してくれることもあります。

こうして知識を学ぶインプットとそれを活かした仕事をするアウトプットを重ねれば、効率的なスキルアップが見込めます。

もちろん、未経験枠だからといって会社側があなたのスキルアップのサポートをしてくれるとは限りませんので「会社から教えてもらえる」ことを前提に転職をするのはあまりおすすめはできません。

この点を考えると未経験枠での転職というカードを切るのは、「勉強したい」といった願望よりも「この世界で生きていく」という覚悟が求められます。

オンラインスクールが最もおすすめ

働きながら手に職をつけるなら、オンラインスクールの利用がおすすめです。そして管理人がオンラインスクールの利用をおすすめする理由としてはこちらの3つがあります。

  1. 本業との兼ね合いをつけやすい
  2. プロから効率的に学べる
  3. お金を払ったので本気になる

ここで一覧にした3つの理由の詳細については上から順番にご紹介します。

本業との兼ね合いをつけやすい

働きながら手に職をつける上で悩ましい本業との兼ね合いも、オンラインスクールなら問題なくつけられます。

なぜなら通学の必要がなく、働きながら隙間時間を有効活用できるからです。

たとえば、通学型のスクールだと「本業が忙しいから」と辞めてしまいそうな場面でもオンラインスクールなら忙しい本業の隙間時間でできるので継続しやすくなります。

働きながらでも続けやすいオンラインスクールは手に職をつけたいサラリーマンの強い味方といえます。

プロから効率的に学べる

オンラインスクールはプロから学べるので、働きながらでも効率的に手に職をつけられます。

なぜなら、スクールはあなたがスキルを身につけられるよう教えることが仕事であり、効率的に学ぶためのサポート体制も充実しているからです。

たとえばあなたが希望すれば適切な提案をしてくれるアドバイザーとの面談ができたり、質問があればチャットですぐに聞くことが出来ます

さらに就職支援制度のあるスクールであれば、手に職を得るためのプロのアドバイスも受けられます。

このようなサービスを提供しているオンラインスクールのサービスを使い倒すことで、働きながらでも効率的に手に職をつけることが可能になります。

お金を払ったので本気になる

オンラインスクールはお金を払うので、手に職をつけるために本気になれます。

なぜなら自分で払ったお金を無駄にしたくないので、絶対に働きながら手に職をつけるという覚悟が生まれるからです。

たとえば、ITスクールの利用料金はだいたい40万円〜60万円ですが、それだけの金額を払ったら何かを得ないともったいないと思います。

その理由としては人は「何かを失った」、「損した」という感情をびた一文も味わいたくないという習性があるためです。

この習性を効果的に使えば自己投資は行動したくてもなかなかできない人にとっての起爆剤となるのです。

そこで本気で手に職をつけたいのになかなか行動できない人は、覚悟を決めるために思い切ってオンラインスクールの契約をしてみることをおすすめします。

身に付けるべき最強のスキルの3条件

働きながら手に職をつけることを目指す人が目をつけるべきスキルと目をつけるべきではないスキルがあります。

事実、時間とお金もかけて懸命に勉強をしてもなかなか収入のアップに直結しない資格やスキルは少なくありません。こういったものを身に付けてもあまりメリットはありません。

このように手に職をつける際には技選びが重要になりますので、ここでは手に職をつけたいあなたが狙うべきスキルに見受けられる3つの条件についてご紹介します。

失職リスクを下げられるもの

手に職をつけるなら、失職リスクを下げられるものでないと意味がありません。

なぜなら、「手に職がある人」になるメリットは会社に頼らずとも仕事ができるスキルを持つ人になれることだからです。

例えばWEBデザインというスキルは会社員から独立してフリーランスとして生きることが出来るのでまさに最高の手に職となるスキルになります。

その他にも弁護士の資格を取ればその資格だけで就職先は無数にありますので手に職を得たい人にはぴったり。

このように習得をすれば職にあぶれない人間になれるスキルや資格であるかどうかの確認は欠かせません。

今の職場(仕事)でも活きるもの

今の職場(仕事)でも活きるスキルであれば、手に職をつける上で有利です。その理由は今の職場でも役立つスキルの場合は学ぶメリットが非常に大きいからです。

たとえば普段デスクワークをしているサラリーマンが未経験から整体師になるのを目指すのは現実的ではありませんし学んでも今の仕事の役には基本的には立ちません。

その一方でプログラミングスキルを始めとするITスキルであれば勉強したことは無駄にはなりません。なぜなら、今の職場で働く際にも大なり小なり役立つからです。

このように今の職場で使えるスキルを選ぶことは手に職をつけるための努力が明日からいきるので本当にお得です。

勉強していて楽しいと思えるもの

そもそも「好きこそものの上手なれ」というように、好きなことのほうが圧倒的に身につけやすく、効率的なのです。

それに働きながら手に職を得るために時間もお金も労力も投資するわけですから、勉強することさえ苦痛になってしまうと継続は難しいです。

そこで手に職をつける際には身に付ければ職にあぶれなくなるスキルの中でもあなたが勉強していて楽しいと思えるものを選ぶのが無難。

ちなみに管理人はWEBマーケティングを選びましたが、サイト制作やプログラミングといった技術的なことから人間の深層心理といった学問チックな分野まで学んでいて楽しいです。

そのため、本来であれば勉強は疲れるものですが、半分趣味のような感覚で勉強しておりますので個人的には相性が良い分野に出会えたと思っております。

流石に勉強が趣味、というと気持ち悪いかもしれませんが学んでいて苦にならない上に食えるスキルや資格を見つけられれば人生が変わります

おすすめの手に職はWEB関連のスキル

手に職の中でも、働きながら勉強するのにおすすめなのがWEB関連のスキルです。その理由を2つご紹介します。

失職リスクとは無縁になれる

WEB関連スキルがあれば、失職リスクとは無縁になれます。なぜなら今まさに需要が増えており、人手不足の業界だからです。

たとえば、近年話題のAIの設計や命令をする側にあたるWEBプログラマーは現在でも常に不足しています。つまり技術を身に付ければ仕事にはまず困りません。

この点を考えて働きながら手に職をつけたい人にとってWEB関連の技術はまさに相性抜群なのです。

高収入も夢ではない

WEB関連スキルを身につければ高収入も夢ではありません。

なぜなら最低でも年収400 万円は固いからです。

たとえば厚生労働省のIT業界に対する調査でも、初心者レベルで平均年収400万円、熟練者であれば、平均年収1,000万円を超えています。

この収入の高さは魅力的ですし手に職をつけるための努力をするモチベーションになるはずです。

本気ならテックアカデミーに通おう

本気で働きながらWEB関連スキルを身につけ、手に職をつけたい人におすすめなのがテックアカデミーです。

こちらはオンライン型のITスクールでして気になる受講料は、99,000円(はじめてのプログラミングコース4週間受講の場合)からと良心的な価格帯になっております。ちなみに一般的なWEBスクールの相場は30万円~50万円なので相場の半額未満。

しかもただ安いだけではなくて週に2回のメンターとのマンツーマンサポートという制度まであります。

このマンツーマンのサポートをしてくれるのは現役のWEBデザイナーや現役のエンジニアや現役のディレクターなので現場の生の意見を聞けます。

スクール自体もオンライン完結型なので通学も不要というメリットもあります。これは働きながら手に職をつけたい人にはぴったり。

今取り上げたような特徴を持つテックアカデミーに少しでも興味を持ちましたらテックアカデミーの無料体験をぜひ受けてみてください。

テックキャンプの詳細はこちら

手に職をつけるぜナビ~おすすめの仕事と持つと強い資格のまとめ