手に職がある人材は不況にも強い

不況に強い手に職

不況期こそ手に職人材は強い

ご存じかもしれませんが、今世界ではひそかに「コロナ不況」と呼ばれている不況が起きております。

あまり考えたくないかもしれませんが不況期に企業でよく起こるのが人員整理。実は不況になると多くの企業はコスト削減のために余剰人材を切ろうとします。

しかも不況になると日本中の大多数の企業が採用を控えるので再就職の難易度もグッと上がります。

もちろんこの話は一般論でして景気が悪い時にも手に職となるスキルを持っている「手に職人材」は不況であろと仕事には困りません

現に手に職となるスキルや資格があればその資格やスキルを欲しいと思う企業からはいくらでもお声がかかりますからね。

この話を聞くと不況期にこそ、「手に職を持つことの大切さ」が分かると思います。

そこでこのページでは不況期にこそ身に付けたい手に職にはどんなものがあるのか。そして不況期にスキルがないとどんな状況が起こるのかという点を中心に取り上げていきます。

手に職がないと不況期は悲惨

改めての話になりますが、スキルがない状態で不況期を迎えると、悲惨な未来が待っています。

なぜなら会社側は業績悪化による赤字分の補填をするために使えない人材を意図的に減らそうとするからです。そして人員削減のための最たる施策が整理解雇の実施

そもそも整理解雇とは?

この整理解雇を簡単に説明すると業績が悪いことを理由に不採算事業を廃止し、そこで働いている人を解雇するのです。

いわゆる事業閉鎖です。よくあるケースとしてはメーカーが工場を閉鎖し、工場で働く労働者を全員クビにする、なんてケースですね。

ちなみに事業閉鎖を実施する際に企業側は会社の再建に役立ちそうなスキルのある人材は別の部署に移し、不要な人材を容赦なく切り捨てて身軽になろうとします。

特に契約面で切りやすい非正規雇用者の中で会社に多大な迷惑をかけている災害のような人材は真っ先にコストカットの対象になります

当たり前ですが、会社で真面目に働かないばかりか社内でパワハラ、セクハラ、社内いじめ、ひいては違法行為なんかを行う人材なんていらないですからね。冷静に考えて存在自体がリスクですし。

それに問題を起こす非正規雇用者は「契約満了」という表上は円満な理由で切れるので整理解雇を主導する側には非常に都合が良いのです。

冒頭からここまでの内容に目を通して少しでも「ドキッと」しましたら今すぐにでも言動を改めたり、自己投資を始めた方が良いかもしれませんね。

ちなみに企業の中には不況期には問題社員を何人クビにするかを数値目標にして人事戦略を立てる会社もあるといわれております。

なかなかドライな対応ですが、組織は全体最適のロジックで運営される以上、組織を守るという点では非常に合理的な判断です。

それに自分が経営者並びに経営陣なら間違いなくその判断をします。もちろん、下に示しをつけるためにもドライな決断をする際には自分の役員報酬の削減は真っ先に実施しますけどね。

スキルがあれば整理解雇は他人事

情け容赦のない整理解雇ですが、実は整理解雇ができているうちはまだまし。だって業績が悪化をすると整理解雇の実施どころか企業そのものが倒産して全員が路頭に迷うリスクもありますしね。

それに整理解雇の場合は解雇予告手当や退職金などの手当てが基本的には支給されます。その一方で会社が倒産すれば諸手当がもらえないどころか給与の未払いも起こりますからね。

ちなみに不況によって企業そのものが潰れれば有無を言わさずに職探しをしなければいけません。

そして不況期は当然のことながらどの企業も採用人数を減らすのでスキルのない人間の再就職の難易度はグンと上がります。

このようにスキルがないということは、整理解雇のターゲットになるリスクと再就職が出来ないリスクという2つの大きな危険を抱えることになるのです。

逆に手に職を持てば整理解雇の対象になるリスクも減りますし、仮に対象になっても路頭に迷う心配は不要なので「不況に強い男」、「不況に強い女」になれます。

真の不況になる前に武器を得よう

コロナが原因で世の中が不況になりつつあるとはいえ、今はまだ良いほうです。だってコロナが理由で倒産をしている企業はまだまだ数は少ないですしね。

ですが、コロナを発端とした不況が継続し、2008年に起きたようなリーマンショック級の不況が起きると話は別。

バンバンと企業が倒産して失業者が続出し、企業も採用を減らすので少ない求人の枠に求職者が殺到するなんて状況が起こります。

こんな状況になるとスキルのない人材は企業から買いたたかれるか、就職が出来ずに時給1000円のバイト生活を送るしかない、なんて憂き目にあってしまいます。

かなり悲観的な見通しですが、今私が申し上げた状況は普通に起こりえるので不況が本格化する前にスキルを身に付けることを推奨したいです。

現に今の時代ですと大企業でさえリストラをしているくらいなので失業は誰にとっても他人事ではありません。ぶっちゃけた話、今順調な人でも「今の幸せがいつまでも続く」と考えるのは非常に甘い考えだと管理人は思います。

この点を考えると今の会社で働き続けられることを前提に人生計画を立てる事自体も実は危険だったりするのです。

不況に強い手に職の特徴

これまで何度も手に職をつけると不況に強い、と言いましたが、手に職となるスキルの中にも不況期に強いものと大して強くないものがあります。

せっかく手に職となるスキルを身に付けるのでしたら不況期に強いものを得た方が良いに決まっていますよね。

そこでここからは不況期にこそ身に付けておきたい手に職の3つの特徴について取り上げていきます。

仕事が見つかる技であること

不況による人員削減で採用のハードルが上がったとしても、即戦力になるスキルを持っていれば企業は採用したがります。

この点を考えるとそのスキルを持っているだけで、すぐに仕事にありつける手に職となるスキルを持っておきたいですね。

例えばIT化が進む現代は、エンジニアの需要は常にあります。そのため、リーマンショック級の不況が起きてもエンジニアの求人はそこまで減らないはずです。

この点を考えるとエンジニアとして働けるだけのIT技術を磨いておくことは最高の失職対策になります。

もちろんIT技術は一例ですが、持っていれば不況期でも仕事にありつけるスキルがあれば失職とは無縁になれる点を押さえておいてくださいね。

個人で稼ぐこともできる

不況に強い手に職があれば、企業に雇われることなく個人で稼ぐこともできます。

そもそも企業の求人が減る不況時に、就職を前提に職探しを考える時点でかなり厳しくなります。

その理由は不況においてはどこの企業も人員削減をしようとするので、競争率が自然と高まってしまうからです。

それにどの企業も若い人を雇いたがる傾向がある以上、30代後半だったり40代になるとスキルがあっても職探しの難易度は高くなります。当たり前ですが、就職活動では年齢は非常に重要な要素になりますからね。

この実情を考えると不況期の対策として手に職をつけたいのでしたら企業で働かなくとも個人で稼げるスキルに目をつけるのが無難なのです。

ちなみに個人で稼げるスキルは企業でも重宝されるものが多いので、職探しにおいても非常に強い武器にもなります。

機械に代替されないスキル

今の時代は人間の仕事が次々と機械に取って代わられています。つまり仕事が機械に奪われることがあるのです。

企業としても機械に任せたほうが正確な仕事のために一度雇えば簡単に切れない人を雇い入れたいとは思いません。

当たり前ですが人を雇えば給与を支払わなければいけませんし、教育も必要になりますから機械よりもコストがかかりますしね。

そうなると当然、不況期には機械に代替される仕事の求人数は減りますし、会社内のコストカットの対象になります。

この点を考えると逆転の発想になりますが、簡単に機械が代替できないスキルは不況期に強い手に職になるのです。

B級資格の取得は避けよう

手に職を得たい人の中には無目的に資格の取得を目指そうとする人がいます。

正直な話、取るだけで飯が食えるレアな資格でしたら資格の保有=手に職を持つ、という方程式は成り立ちます。

しかし、手っ取り早く取れて希少価値の低いB級資格の取得はおすすめできません。このB級資格の取得をおすすめしない理由についてこれから2つご紹介します。

取っても市場から評価されない

第1の理由は取得難易度が低い資格は取得しても市場価値が上がらない上にその資格を持つ人が無数にいるからです。

考えてもみてください。

たとえば簿記2級やTOEIC800点前後のスコアーなんかは保有者が無数にいます。両方とも数ヶ月~半年ほど勉強すれば取れる大して難しくない資格ですしね。

特に簿記2級は私の経験を込めての話になりますが、集中的に勉強すれば2か月弱で取ることも可能なので取っても大した武器になりません。

資格を取ろうという心意気は素晴らしいのですが、B級資格の取得は手に職を得るゴールである年収アップや失職リスクの低下には繋がらない点は押さえておきましょう。

この点を考えるとB級資格の取得に時間をかけるくらいなら、持てば企業からモテるスキルの習得に時間をあてましょう。

資格の特権は消える

B級資格を身に付けても、その資格の価値がゼロになるケースも少なくないです。

たとえば、現代は弥生会計などの経理ソフトの台頭で簿記に関して無知な人でも経理業務を行うことが可能になっています。だって経理ソフトにはマニュアルがありますしね。

こうなると簿記2級の資格の価値なんてほぼなくなりますよね。実際、中小企業の中には経理業務をアルバイトに任せている会社も珍しくありません。

それに今の時代ですと分からないことはGoogle先生に聞けば完璧な回答が返ってくる以上、知識自体には大して意味はありません。

このようにGoogle先生や機械に代替される知識の習得が問われるB級資格の取得に時間を投資しても大したリターンは期待出来ないのです。

この点を考えるといずれ価値が無くなってしまう資格の取得に励むよりもお金になるスキルを身に付けた方が良いのです。

身に付けると強いスキル一覧

もちろん手に職となるスキルを身に付けた方が良いといっても何が不況に強いスキルなのか分からないと身に付けようがないですよね。

そこでここでは不況期に強い手に職となる3つのスキルについて取り上げていきます。

プログラミングスキル

今、もっとも需要が高まっているといえるのがプログラミングスキルです。

現在はIT化が進んでおり、人の仕事を機械が代替するようになっております。それにAIという人工知能が人間の仕事の半分を奪うともいわれているくらいです。

これだけIT化が進めばIT技術を動かすプログラムコードをかける人というのは世界中から求められるスキルになります。

このプログラミングコードがかけるプログラミングスキルを身に付けるのは非常に困難ですが、今ではTechAcademy(テックアカデミー)などのプログラミングスクールがあります。

こういったスクールに通えば働きながらでもスキルの習得は可能ですし、スキルを得れば失職とは無縁になります。

気になる年収に関しても普通のサラリーマンより圧倒的に高収入が見込めますし、独立して個人で働くのも可能です。

この点を考えると不況に強い手に職となるスキルを得たいのでしたらプログラミングを学ぶことをおすすめしたいです。

海外で働けるレベルの語学力

海外で働けるレベルの英語力があれば、不況に強い手に職といえます。

ちなみに海外で働けるだけの英語力というのはTOEICの高スコアーホルダーではなく、英語で伝えたいことを伝えれて相手の話を聞ける能力です。

今日の日本でTOEIC800点前後を取れる人はゴロゴロいますが、英語を話せる人となると激減します。

現に日本人は読み書きを中心とした英語教育を受けており、英語で会話することは苦手な人がほとんどなのです。

そのため、海外で働けるレベルの語学力のある人材は市場価値が高くなります。それに海外で働けば日本語が話せるというのも武器になりますからね。

今の時代は海外拠点を持つ日本企業は腐るほどありますし、国内でも外国人を相手にする仕事は無数にあります。それだけ英語が出来れば就職先の選択肢が広がるのです。

それに英語が話せればお先が真っ暗な日本という国を見限ることも出来ますからね。これは日本の実情を考えるとかなり大きなメリットだと考えております。

WEBを使った集客スキル

WEBを使った集客スキルも手に職として強いです。

WEBを使った集客とは、ブログ記事を更新して読者を集めるスキルなどのことで、一般にはWEBマーケティングスキルと呼ばれるものですね。

今はどの企業もWEBマーケティングに興味を持ち始めているため、実は需要の高いスキルなのです。

さらにWEBマーケティングができれば、独立して個人でアフィリエイトやコンサルティング業で稼ぐこともできます。

例えばSEOにある程度精通をすればSEOコンサルタントという形で企業からお金をもらうことも不可能ではありません。

それにWEB経由で売り上げを上げるノウハウがあれば、「君の会社の売り上げを上げてあげるから成果の一部を俺にくれ」、という成果報酬型の契約の提案も可能です。

この成果報酬型の契約形態はWEB広告の運用ノウハウがあったり、WEBサイトの成果改善を難なく出来る個人にはかなりおいしいはず。

ちなみにある一定レベルまでWEBマーケティングが出来れば企業への就職も簡単です。実際WEBで集客をしたいと考えている会社は日本には山ほどありますしね。

それに「最初はバイトや契約社員という非正規の形でのお試し採用でよいから採用してくれ」、と入社時の条件を下げれば断られる可能性は圧倒的に下がります。

だって相手からすれば「え、そんな条件でよいの?、それならま~あいいか」という話になりますからね。

このようにWEBマーケティングスキルは一度身に付ければ就職も個人で仕事をするのもかなり楽になるので個人的にはおすすめしたいです。

専門スキルを持てば景気は関係ない

このページでは不景気に強い手にはどんなものがあるのか、そして不況期に手に職がない人材にはかなり悲惨な未来が待ち受けていることをご紹介しました。

色々な話をしましたが結局何を言いたいかというと、手に職をつければ不況であろうと仕事に困らない人材になれる、ということです。

今さらの話になるかもしれませんが、今の日本は終身雇用制なんてものは完全に崩壊しておりますし年金制度や社会保険制度も破綻寸前。要するに生涯現役でいることが求められるのです。

この点を考えるとまだ景気が悪くなり始めの今のうちに数年以内に来るであろう大リストラ時代に備えるのが賢明です。

最後にこのページに目を通されたあなたにおすすめの記事をいくつかご紹介しますのでぜひご覧くださいね。

手に職次第で独立が簡単な仕事一覧
働きながら専門スキルを学ぶ方法

手に職をつけるぜナビ~おすすめの仕事と持つと強い資格のまとめ