今の30代はお金になる手に職を身に付けるべき

30代で手に職をつける

30代は手に職をつける最後のチャンス

今のあなたは何かしらの手に職をつけたいと考えているんで30代の女性または男性だと思います。

もしそうでしたら1日でも早く市場から評価される手に職を身につけるべきです。

それではどうして30代になったら1日でも早く特殊なスキルを身につけた方が良いかと言うと、20代の間は若いという理由で何もできなくてもある程度許されてしまいますが、30代の半ば以降になれば何もできない人=リストラ対象になってしまうからです。

現に普通の会社では33歳を超えてるにも関わらず特殊なスキルがないと何もない人材は給料が高い割には何もできない金食い虫のよいなおじさん、おばさんと見なします。

こんな何もできないおじさん、おばさんに対しては無情にも企業側は早期退職を勧めますし、周りから何も出来ない人と思われるのはプライドが傷つきますよね。

そこでこのページでは30代であるにもかかわらず市場性のあるスキルが何もないあなたがこれから手に職を付ける際の注意点や給与アップにつながるおすすめのスキルについてまとめてみました。

本文の内容に最後まで目を通せば30代のあなたがこれから手に職をつけるためには何をやれば良いのか、そして30代のあなたにぴったりなスキルが何なのかが分かります。

無計画に手に職をつけるのはNG

まだ30代のあなたに残酷な現実を突きつけますが今のあなたは決して若くはありません。

そのため、20代前半のような職種選びに間違ってもなんとかリカバリーが効くような年代ではないのです。

この点を考えると0から手に職を身につけるのでしたら絶対に今後のキャリアに役に立つようなスキルを選ぶことがやはり重要なのです。

そこでここでは30台の中が手に職を身につけるの際に知っておきたい手に職選びの大原則についてご紹介します。

稼げないスキルや資格もある

最初に取り上げる30代のあなたが手に職を選ぶ際の大原則はお金になるスキルというのは決して多くはないという事実を知ることです。

現に手に職をつけようとしている30台が必ず考える資格の取得を例に考えてみます。

実は日本では少なくても100種類以上の資格がありますが、本当の意味で取得をすれば無条件に年収が上がる資格というのはの弁護士だったり公認会計士といったメガ資格や税理士中小企業診断士といった難関資格ぐらい。

つまり一部のメガ資格や難関資格以外の資格を習得してもあなたを支えてくれる真の意味での手に職にはならないのです。

そしてこれはスキルに関しても一緒。

本当の意味で身につければ転職市場で評価されるようなスキルというのはプログラミングや Web マーケティングの技術といったどの会社でも求められるスキルぐらいです。

つまり30代のあなたが人生を変える目的で手に職を身につけたいのでしたら労働市場で評価されているスキルや資格に目を当てることがやっぱり重要なのです。

日本では能力よりもキャリア

加えて難関資格や市場性のあるスキルを身につけたからといっても30代のあなたは決して人生が反対になることはありません。

なぜなら現在の日本ではあなたがどんなスキルを身につけたかよりもあなたが今までどんな経歴で生きてきたのかが重視されるからです。

つまり仮にあなたが33歳とかで弁護士の資格を取ったとしても弁護士としての実務経験がないので正直な話いくら弁護士資格を取ったとしても手に職がある人材にはみなされません。

その理由はシンプルでして弁護士としての業務経験がない場合は弁護士の資格があっても「資格があるだけの人」と見なされるからです。

そのため食いっぱぐれないことを目的に手に職をつけたいのでしたらスキルや資格を得るだけでは不十分であり、きちんとした業務経験を得ることがやはり求められます。

手に職を30代がつける際の大原則

さてこれまで30代のあなたが手に職を選ぶ際に絶対に知っておきたい残酷な事実についてご紹介しましたが、どんなスキルや資格を得れば良いのかについては取り上げませんでしたね。

そこでここでは30代のあなたが手に職になりうるスキルや資格の中で取得するものを選定する際に絶対に念頭に置いておきたい4つのポイントを一覧にしていましたのでご覧ください。

  1. 将来性のあるものを選ぶ
  2. 今の仕事をしながら学ぶようにする
  3. スキルを得たら実務経験をつける
  4. 転職よりも現職の配置転換を希望する

これ取り上げた4つのポイントの詳細については上から順に一つずつご紹介していきます。

将来性のあるものを選ぶ

まず最初に取り上げるの手に職選びの最重要ポイントは将来性のあるスキルを意図的に選ぶことです。

この点は当たり前かもしれませんが資格やスキルには将来性があるものとないものがあります。

もしあなたが目をつけた資格やスキルが全くもって将来性のないものでしたら30代の貴重な時間をかけて身につけたとしてもあまり大きなメリットになりません。

それでは30代のあなたが身に付けてもプラスに働かない手に職とはどんなものかというとこちらの通りです。

  • AI に取り替えられる専門技術
  • 保有者が多すぎて希少性がない資格
  • 身に付けても収入が上がらないスキル

これらの資格やスキルを得るための努力は仕事の安定には決してつながりませんので今のあなたが目をつけている資格やスキルが該当しないかについてはきちんと確認しましょう。

今の仕事をしながら学ぶようにする

20代の間でしたら何か身につけるべき手に職があればそのスキルを身につけるために思い切って会社を辞めて学校に通うという選択をするのは勇気さえあればできます。

しかしこの思い切った選択を30台あるからやると正直な話になりますが人生を棒に振るリスクがあります。

なぜなら日本の労働市場において仕事をしていない空白期間が長い人材は市場性のあるスキルがあったとしても体や心に問題を抱えているのではないかと疑われてなかなか仕事に付けないからです。

それに運良く仕事につけたとしても30代の場合ですと正社員として就職することはなかなか難しいので非正規社員という不安定な生き方を選ばざるを得ません。

この点を考えると多少時間がかかりますが、今の仕事を辞めずに休日や業務時間外の時間に勉強をすることで当面の職歴を担保しつつ0から技を磨くのが無難です。

スキルを得たら実務経験をつける

頑張って資格やスキルを得たとしてもそれはゴールに到達したのではなく、スタート地点に立っただけです。

手に職を得る、という30代のあなたが当面目指しているゴールを達成した後にやることは取得したスキルや資格を利用しての実務経験を地道に積むことです。

これは少し考えれば自明だと思いますが、あなたは医師免許があるとはいえ一度も手術を行ったことがない医師に外科手術をお願いしますか?

おそらくノーだと思います。そしてこの話はあなたのケースにも該当します。

たとえあなたが弁護士の資格を取得したからといっても弁護士として人を弁護する経験がなければ人はあなたを雇わないのです。

この点を考えるとスキルや資格を得た後は得たスキルや資格を使っての実務経験を地道に積んで実績を積み重ねることがやはり欠かせないのです。

転職よりも現職の配置転換を希望する

ちなみに実務経験を積む、という点において最も手っ取り早い方法に転職がありますが、個人的には転職よりも今の職場での配置転換を希望することをお勧めします。

それではどうして配置転換をおすすめするかというと異業界に転職する際に降りかかる年収ダウンや30だいで。

例えば人材業界での営業歴が10年の営業マンがWeb デザインを身につけたとします。

このケースで思い切ってWEBデザインの専門会社に移るとなるとデザイン歴がほぼゼロなので正直な話年収は格段に下がります。

その一方で社内の Web デザインチームに配置転換ができればこれまでの現場で得た情報をもとでウェブサイトを更新したりすることができるのでデザインのスキルがいまいちであっても活躍するフィールドがあります。

それに社内の配置転換の場合は年収が下がることも基本的にはないので30代のあなたが恐れる1つである年収ダウンも気にしなくて済みます。

もちろん身につけた手に職をいかせる職種が社内ないのでしたら転職もやむを得ませんが、なるべく転職ではなくて配置転換で実務経験を積むことを考えるのが無難です。

おすすめのスキル一覧

このページではここまで30代のあなたが手に職をつける際に心がけておきたいポイントについてご紹介しました。

しかしながら30代のあなたにぴったりなスキルや資格にはどんなものがある感じで特に取り上げてきませんでしたね。

そこでここからは30代のあなたがこれまでのキャリアを活かしてるという点でもお得なスキルや資格を取り上げていきます。

まずはじめに30代のあなたにぴったりなスキルを一覧にしてみましたのでご覧ください。

  • 英語or中国語
  • WEBデザイン
  • WEB広告の運用技術

ここで取り上げた30代のあなたにおすすめしたい手に職となるスキルの詳細については上から順番に1つずつ取り上げていきます。

英語or中国語

最初に取り上げるのは英語か中国語です。

どうしてこの二つの言語の勉強おすすめするかと言いますと今の時代ですと大抵の会社は英語並びに中国語ができる人材を求めているからです。

現に今の時代はグローバルなビジネス環境にになってるので海外との取引がない会社というのはむしろ珍しいくらいです。

そして海外とのやり取りにおいて最も使われる言語というのは英語と中国語になります。

そのためこの二つの言語を覚えてしまえば海外と取引をする企業ではあなたのスキルが求められますし、今の職場に留まっても海外との貿易関係の業務に取り組めるので社内評価も高まります。

このように現在30代のあなたが中国語や英語を身に付けるのはメリットがあるのでぜひ勉強しましょう。

WEBデザイン

次に取り上げる30代のあなたにぴったりなスキルは Web デザインです。

そもそもWEBデザインのスキルと何かと言いますと、WEBサイトの見栄えを良くしたりサイトやパンフレットに掲載するバナーを制作することを主な仕事とするクリエイティブ職です。

それではどうしてWeb デザインを身につけると30代のあなたの市場価値が上がるかというと、WEBデザインができる人材というのは社内でも社外でも求められる人材になれるからです

現に今のあなたが働いている会社でもウェブサイトはあるはずです。

そのため、WEBデザインが出来れば社内のWEBサイトの更新業務を担当することができますしきちんと職務経歴をつければその経歴をもとにWeb デザイナーを求めている企業に転職もできます。

それにそもそもの話、Webデザインが出来れば個人で仕事を請け負うことも出来るので転職どころか独立すら可能になります。

まさにWEBデザインは手に職をつけたい30代の男女にとって願ったり叶ったりなスキルになるのです。

WEB広告の運用技術

最後に取り上げる30代のあなたが絶対に身につけるとお得なスキルは Web 広告の運用技術です。

そもそもこの Web 広告の運用技術何かと言いますと Google や Yahooに出てくるオンラインの広告を自由自在に操れる広告の運用担当者になることです。

それではどうして30代のあなたがWeb広告を身につければ人生が逆転できるかと言いますと、どの会社もWeb経由で売上を立てたいと考えているからです。

しかしながらこれは短期間ながらWeb広告の代理店で働いたことがある管理人の感覚になりますが、 Web 経由できちんと売上を出せている会社は日本では10%ぐらいしかありません。

そのため国内の残りの9割の企業からはWeb広告の運用技術を身につければ「絶対に欲しい人材」になれます。

それにそれだけの人材になれれば社内でもエースとして扱われるはず。

この点を考えると本気で30代の間に何かしらの手に職を身につけたいのでしたら広告運用の技術を学んでみることをおすすめします。

30代のあなたが狙いたい資格一覧

先ほどは30代のあなたにおすすめのスキルを取り上げたので次は30代のあなたが身につけると人生の選択肢が明らかに広がる資格を一度にしてみましたのでご覧ください。

  1. 社労士
  2. 中小企業診断士
  3. TOEIC860点
  4. 司法書士
  5. 公認内部監査人

今ここで30代のあなたにおすすめの資格として取り上げた5種類の資格の中でも中小企業診断士と公認内部監査人は非常にお得です。

そこでこの中小企業診断士と公認内部監査人については少し詳しくご紹介します。

中小企業診断士

2つ目に取り上げる30代で手に職をつけたいあなたにぴったりな資格は中小企業診断士です。

この中小企業診断士というのは日本版MBAと呼ばれている資格でして中小企業を経営する際に求められる幅広い業務知識があることの証明になる資格です。

試験科目はこれから取り上げる7つの教科から形成されており、全ての科目で合格点を取ることが求められます。

  1. 経済学・経済政策
  2. 財務・会計
  3. 企業経営理論
  4. 運営管理
  5. 経営法務
  6. 経営情報システム
  7. 中小企業経営

当然これらの7つの科目で合格点を取れれば幅広い分野の業務知識を有していることになるので大抵の企業で参謀のような立ち位置で働くことが出来ます。

しかも中小企業診断士は独立もしやすい資格でして資格を取ればフリーのコンサルタントとして食べていくことも不可能ではありません。

社内でもエースとして働けるうえに独立も出来てしまうので非常にお得な資格です。

公認内部監査人

次に取り上げる公認監査人というのは簡単に言いますと企業の内部の問題を発見するプロフェッショナルです。

日本ではあまりなじみのない資格ですが、企業内部の問題点や不正の早期発覚が求められるようになり最近需要が高まっております。

公認内部監査人という名称だけを見ると内部監査関連の知見だけが問われるように思えるかもしれませんが、
資格を取得する際に求められる知識は多岐に渡っておりましてざっとリスト化するだけでもこういったものが出てきます。

  • 内部統制に関する知識
  • 基本的なファイナンス
  • 管理会計
  • 経営に関する知識
  • リスクマネジメント関連の知識

要するに会社の不正や課題の発見から改善策の提言に欠かせない業務知見を全般的に有していることの証明になるのです。

最近の日本企業では内部統制やガバナンス強化が求められているにもかかわらず、社内に監査に関する専門的な知見を有している有識者を抱えている企業はほとんどありません。

そのため、公認内部監査人の資格を持てば転職市場で評価されますし、資格の取得者が少ない資格なので保有すれば転職市場に出なくても社内で評価されます。

この社内でも社外でも評価されるのは30代のあなたにとって非常においしい資格である以上、30代のあなたが是非とも取得を考えておきたい資格の1つになります。

専門スキルがあれば人生の逆転が可能

このページではここまで30代のあなたが手に職を得るための努力をすることの大切さと30代のあなたにぴったりな手に職となるスキルについて取り上げてきました。

これにて今回のメインの内容は終わりになりますが、最後に30代のあなたにお伝えしたいことがあります。

それは何かというと、30代であろうと40代であろうと手に職を得る努力を始めるのに遅すぎることはないということです。

現に30代の後半から公認会計士の勉強をはじめて40代間際に監査法人に転職する人も今では珍しくないです。

それにプログラミングをはじめとしたITスキルならば30代から勉強しても40手前でプロフェッショナルになります。

このように20代という若さはさすがにないとはいえ30代であれば今から手に職を得る努力をすれば40代以降の人生がばら色になるチャンスがあるのです。

そのため、「30代のうちに何かしらの手に職を得たい・・・」という希望をお持ちでしたら今すぐに手に職を得るために行動をすることをおすすめします。

最後にこのページに目を通された30代の男女に人気がある記事を2つ紹介しますのでぜひご覧くださいね。

お金になる公認ライセンス一覧
万が一社内ニートになった時の対処法

手に職をつけるぜナビ~おすすめの仕事と持つと強い資格のまとめ