男は若いうちから手に職を持つべき理由

男は手に職を20代のうちにもつべき

20代の男は手に職を持てば無双

何かしらの手に職をつけたいという希望をお持ちの20代男子のあなたに耳寄りな情報があります。

実は20代の男性のあなたが30歳になる前に何か一つでも手に職を持つことができれば30歳以降の人生がかなり楽になります。

このことをご理解いただくためにこのページでは20代の間に徹底的にWebマーケティングという手に職となるスキルを磨き上げた経験を持つ管理人(現29歳)が20代の男が手に職を持つメリットについて取り上げていきます。

手に職を持てば人生の選択肢が広がる

まず最初にご紹介する男が20代の間に手に職を身につけたほうが良い理由は、30歳以降で取れる人生の選択肢の幅が圧倒的に広がる点。

実は現在の日本では20代の間は何もスキルを持っていなくても若さという武器で転職も比較的簡単にできてしまいます。

しかし20代を過ぎて若さで勝負ができなくなった時に市場性のあるスキルが何もない場合、転職先が見つからないので今の会社で働き続けるしか選択肢がありません。

その一方で20代のうちにきちんと手に職をつけた場合、30代以降になれば20代の頃の実務経験と相まって引く手あまたな人材になります。

当然、転職先を探すのは容易ですし、独立という選択もスキル次第では出来てしまいます

このように20代の間に手に職を身につけた男と20代の間に手に職を何も身につけることが出来なかった男とでは30代以降に取れる選択肢の幅が大きく変わるのです。

男は若い間の方が時間と金がある

そして二つ目にご紹介する男が30歳になるまでに手に職を身につけるための努力をした方が良い理由は20代の間はお金も時間もある程度あるからです。

この「20代の男はお金も時間もある」と聞くと「えっ?」と思うかもしれませんので少し補足します。

実は20代の男性は他の年代の男性と比較すると格段に自分のために使えるお金と時間があるのです。

なぜなら大抵の男性は30代以降になると家庭を持つことになります。その結果として自分の所得を自由に使うことはほぼ不可能になります。

それに時間に関しても家族サービスや子供とのふれあいの時間を設ける必要が出てくるので自由に使える比率はガクッと下がります。

このように手に職をつける為に時間とお金をがっつりと回せるのは実は20代の時だけなのです。

勉強のコストは簡単に回収できる

3つ目にご紹介する20代の男が手に職を身につけた方が良い理由は、20代の間に手に職を身につけるために使ったお金や時間的なコストは簡単に回収ができてしまうからです。

例えばあなたが20代の間にプログラミングを勉強するのに50万円のお金と500時間程度の学習時間を利用したとします。

この時間とお金の消費はかなり大きいですが、20代の間にプログラミングという手に職を身につければ消費した時間とお金はすぐに取り戻せます。

現に身に付けたプログラミング力をもとに年収が今よりも100万円高いIT系の大手企業に転職ができれば投資した学習資金は一瞬で回収できてしまいます。

しかも20代の間に手に職を身につけた場合、30代から定年となる60歳までのおおよそ30年もの間恩恵を受けられます。

そのため、手に職を得るために使った時間とお金は数十倍以上のリターンが発生すると考えてしまって問題ありません。

この点を考えると20代という若いうちに手に職を身につけるための努力をすることはメリットしかありません。

20代の男は育ててもらえる

今の日本では終身雇用制がなくなったと新聞やニュースではよく報道されますが、なんだかんだ言って30歳未満の男は社会経験が足りない未熟な男だと見られます。

そのため、20代であれば未経験から育ててもらえる職場にポテンシャル採用という条件で移ることもできます。

現に手に職が付く仕事の代表格と見なされる経理職やIT関係の仕事の場合、20代であれば未経験歓迎という求人もちらほら見つかります。

この企業に育ててもらえるというメリットを20代の間は享受できる以上、20代の男は他の年代の男と比べるとゼロから手に職をつけるためのチャンスに恵まれているのです。

このメリットを利用しない手はありません。

特に20代におすすめなのはITスキル

ここまで20代の男であるあなたが20代の間に手に職が身につくように努力をするのが望ましい理由についてご紹介しました。

ただし、いざ手に職を付けようとしてもどんな手に職を身につければ良いのかという手に職選びに頭を抱えるかもしれません。

そこで20代の普通の男が絶対に身につけておきたい手に職とは何なのか?という話題に移ろうと思います。

実はこの20代の男性がまずはじめに身に付けておきたいスキルは誰が何と言おうとIT関係のスキルです。

この20代の男がIT関連のスキルを学んだ方が良い理由については、ITスキルを身に付けるメリットと合わせてこれからご説明します。

本業にも役立つ

最初にご紹介するIT関係のスキルを身に付けるメリットは本業における成果と上司からの評価が上がる点が挙げられます。

現にIT関連のスキルを身につければパソコンに強くなるので日々の事務処理が圧倒的に速くなりますよね。

その結果として社内での評価は高まりますし、担当している業務を素早く捌けるようになるので残業時間を減らすこともできます。それによって自分の時間が増えます。

しかも周りから「仕事が出来る人」と一目を置かれるようになるので、リストラ候補からは外れますし、出世コースを歩むことも可能です。

確実に市場価値が上がる

実は今の労働市場にはプログラミング始めとしたIT技術に秀でた30歳未満の男性はほとんどいません。

そのため、一定レベルのIT関係のスキルを持っていれば500万円〜700万円くらいの求人案件が転職エージェントから紹介されます。

正直な話、管理人は今のあなたが年収いくらの男なのかは知りませんが、500万円〜700万円という金額は今のあなたの年収を100万円程度は上回るはずです。

この期待年収が明らかに上がるという点は、ITスキルを身に付ける明らかなメリットなので是非とも頭に入れておきたいですね。

多様な働き方を実現できる

三つ目にご紹介するITスキルを身につけるメリットは希望の働き方を選べるようになれる点です。

現にもしあなたがプログラミング技術を持つ人材になれば、会社に通わずに在宅で仕事をするリモートワーカーという雇用形態で働く事も可能です。

そしてリモートワーカーという働き方が認められるだけの手に職を身につければ、世界中を旅しながら仕事をすることができますし、親の介護等でIターンやUターンをしなければいけない状況に直面しても仕事に困らずにすみます。

今日からITスキルを身につけよう

おそらくここまでないようでIT関係の転職を身に付けるメリットはわかったと思います。

その一方で「どうやればITスキルを身に付けられるのか?」というITスキルの取得方法についてはこれまで特に取り上げませんでした。

そこでここまでの内容に目を通す中でIT関連のスキルを身に付けることに興味を持ちましたらぜひともこれからご紹介するページをご覧くださいませ。

効果的な学習方法はこちら
自力で技を身に付ける方法はこちら

手に職をつけるぜナビ~おすすめの仕事と持つと強い資格のまとめ