40歳以上の男女が手に職をつけるメリット

40daitenisyokutukeru

現在40代のあなたは今後の人生に対して漠然とした不安を抱えているのではないでしょうか?

例えば

  • 今の会社が潰れたらどうしよう
  • この年齢だと転職も厳しいな
  • 手に職となるスキルがないから将来が不安だ

もし今取り上げたような悩みをお持ちでしたら今すぐにでも手に職をつけることをおすすめします。

それではどうして40代のあなたが手に職をつけた方がいいですかと言いますと40代はもう若者ではないので企業側は即戦力しか採用しないからです。

そのため、転職活動の面接でほぼ必ずどんな手に職となるスキルを持ち合わせているかが問われますし、誇れるスキルや実績がないとまず落とされます。

このように40代にとっては手に職となる技を持つのが重要になりますが、漠然と手に職を付けたようとしてもなかなかつきませんしお金にならないスキルを学んでもあまり意味はありません。

そこでこのページでは40代のあなたが手に職をつける際の注意点や身につけた方が良いオススメの資格やスキルについて自称手に職男子の管理人がまとめてみましたのでぜひ最後までお付き合いください。

40代の転職は手に職よりも職歴

これから新しく手に職をつけようとしている40代のあなたには残酷な事実かもしれませんが、40代のあなたが今からこれまでのキャリアとは全く関係のない手に職をつけても転職市場では全く評価されません。

なぜなら日本の労働市場ではスキルの高さよりもこれまでの職務経歴が重視されるからです。

実務経験がないと評価されない

少し極端な話になりますが、法律関連の業務経験が一切ないあなたが法律関係の仕事をしたいと思って40代のあなたが仕事を辞めて法科大学院に通って弁護士の資格を取得したとします。

この弁護士の資格を取得するとことは非常に凄いことですが実は市場ではそこまで評価されません。

なぜなら40代になるまで法律関係の仕事をしたことがない以上、いくら弁護士の資格を取得したからといって転職市場では法律関係の実務経験が0の人として見られるためです。

そのためせっかく弁護士という資格を取得したとしても法務関連の実務経験がある人材を求めている企業の採用面接を受けても基本的には採用されないのです。

スキルや資格の有無と実務能力は別

今ご紹介した弁護士の資格を取っても法律の仕事ができないというのは非常に驚くべき事実かもしれませんが、実はこれは仕方がないのです。

なぜならスキルや資格があることとそのスキルや資格を使いこなせることはまた別だからです。

現に医師資格を持っていたとしても外科手術をやったことがなければその人に手術をしてもらいたいとは普通思いませんね。

これと一緒でいくら弁護士の資格を持っていたからといって法律関係の実務経験が0の人に大事な法律関係の仕事を任せることができないのです。

まとめるとせっかく手に職をつけても実務経験がない場合は手に職をいかせる仕事に就くチャンスが得られないリスクがある、という点は理解しておきたいですね。

キャリアを生かせる手に職を選ぼう

先ほど40代のあなたが手に職をつけても役に立たない可能性があると言いましたが全ての手に職となるスキルや資格が無駄になるかと言うとそんなわけではありません。

それではどんなスキルや資格が40代のあなたに役に立つかと言いますとあなたのこれまでのキャリアとの関連性が認められる手に職となる資格やスキルです。

理想は職域を伸ばせるもの

例えばあなたが企業の経理職として働いていたとします。

このケースにおいてあなたが公認会計士の資格を取れば会計のプロフェッショナルとしての肩書きとこれまでの経理経験がいきるので圧倒的な希少価値のある人材になれます。

また経理という専門職でなく普通の総合職であってもこれまでのキャリアを活かせる資格はあります。

例えばあなたが企業の総務部で働いている女性だったとします。

この総務という仕事ですと経費の精算や従業員の社会保険の加入の手続きなどを行うことになります。

これらはまさに社労士の仕事の一部である以上、本格的に独学はじめて社労士の資格を取った場合どうなるでしょうか?

当然日々の仕事の中で取り組める業務の幅が広がりますので社内でのあなたの評価は圧倒的に高まります。

7種類の手に職となる仕事を一挙公開

手に職の価値は経験次第

今取り上げた公認会計士と社労士のケースが何をさすかと言いますとあなたのキャリアが活かせる手に職となる資格を持てばあなたの活用は格段に高まるということです。

もちろん手に職となるのは資格だけではなくてスキルも場合によっては該当します。

例えばあなたが企業で管理職をしていたとします。

このケースにおいて資料の作成スキルを高めることにより新人でもわかるようなマニュアルを作成できるとなるとどうでしょうか?

こうなるとただ部下の業務の管理ができるだけではなく、部下の育成まで出来る優秀な管理職として社内での評価はうなぎのぼりです。

それに部下の仕事を管理出来て部下の育成まで出来るとなれば社外でも欲しいと言われる「売り手人材」になれます。

このようにあなたのキャリアが活かせる手に職をつければあなたの価値は格段に高まるのです。この点を考えると手に職がないことで頭を抱えている40代のあなたにはこれまでのキャリアとの関連性が非常に高いスキルや資格を身につけることをおすすめしたいです。

身に付ける手に職を考える際にはこちらのページをどうぞ。

個人で仕事を取るという選択も念頭に置く

先ほど40代のあなたが手に職をつけるのならばあなたのキャリアが活かせるものがベストと言いましたがあえてキャリアが役に立たない手に職を0からつけるという選択をするのも個人的にはアリだと思います。

だってこれまでのキャリアをベースに身につける手に職を決めるとなるとどうしても選択肢の幅が狭くなってしまいますし、人によっては0から新しいキャリアを築きたいなんて人もいるかもしれませんしね。

就職しなくても金は稼げる

ただしこれは先ほど内容の繰り返しになりますが日本ではスキルよりも職歴が重視されるという事実は念頭に置く必要があります。

この事実がある以上、40代のあなたがこれまで経験のない分野の手に職をつけようとすると手に職をつけても職にありつけないことは十分に想定できます。

そこで管理人としては40代のあなたが未経験の分野の手に職をつけるのでしたら個人で仕事が取ることを念頭に置くことをおすすめしたいです。

それではどうして個人で仕事を取ることをお勧めするかと言いますと企業への就職と違い、個人で仕事をする場合はこれまでの職務経歴がそこまで重視されないからです。

例えばあなたが必死になってプログラミングのスキルを身につけて下手なプログラマーよりはプログラミングに詳しくなったとします。

このケースですと職歴が理由でエンジニアとして正社員を目指すのは相当厳しいかもしれませんが身に付けたスキルをベースに業務委託として個人で仕事を取ることは十分に可能です。

本業+副業で所得を上げる

ちなみに管理人がお勧めしたいのは本業の空き時間に身に付けた手に職をいかせる仕事を副業から始めてみることです。

例えばあなたが週休2日制の会社で働いていたとします。

このケースですと土日は休みですし年次有給制度や年末年始の休業を含めるとおそらく年間で122程度の休みがあるはずです。

その休みのうちの半分の日数を休むのではなくて副業として仕事を引き受けてみるのです。

そうすれば手に職をつけたスキルを使った仕事の実務経験が積めますし仕事として引き受ける以上、所得も上がります。

それに今の時代はとても便利でしてクラウドワークスを始めとしたオンラインの求人サイトを利用すれば土日限定だったり、週1日だけの稼働でアサインできる案件は無数に見つかります。

それに副業として個人で仕事を引き受けて地道に実績を積み上げればその実績をもとに転職したり、独立するという道も自ずと開かれます。

いきなり実務経験が無い仕事を本業にするのはリスクがありますが、副業から始めるのは最小限のリスクで取り組めるのでやらない手はありません。

個人でも仕事を取れる手に職となる仕事一覧

先ほど40代から手に職をつける際に個人で仕事を取れるかどうかは非常に重要であると言いましたよね。

そこでここではスキル次第では40代という年齢が不利にならずに個人でも比較的簡単に仕事を取れる手に職となる職業の一例をまとめてみました。

  1. プログラマー
  2. WEBデザイナー
  3. 歩合制のセールス
  4. ライター

1~4の仕事の詳細についてはこれからご紹介しますが4つの職業に共通する点は仕事の成果物を一人で納品できるという特徴があります。

つまり、手に職となる実力を一度身に付けてしまえば一人で仕事を完結させられるので40代という年齢が足かせにならないのです。先ほど取り上げた4つの仕事の中身についてはこれから1つずつご紹介します。

プログラマー

このプログラマーというのは保有しているプログラミング技術を使ってWEBのアプリだったり、企業の基幹システムを作る仕事です。

日本国内にはプログラマーの数が圧倒的に足りないのでプログラミングの技術があれば40代であっても企業に就職は出来ます。

というのもプログラマーの募集の求人情報の中には【年齢不問】という案件もありますので40代はおろか50代・60代でも最前線で働けます。

しかも熟練したプログラマーであれば企業に属さずとも業務委託契約という形でフリーランサーとして働く事も出来ます。

フリーランサーの世界は年齢ではなく実力で評価される世界である以上、40代という年齢に負い目があるのでしたらフリーランスのプログラマーとして独立を目指すのが一番。

WEBデザイナー

2つ目のWEBデザイナーというのは企業のコーポレイトサイトだったり、個人のブログに掲載する画像の作成をしたり、Webサイト自体を制作する仕事です。

こちらの仕事も仕事を発注する側は求めるクオリティーの成果物を求める納期内に納品してくれるかどうかで評価します。

そのため、クライアントが求めるレベルの成果物を安定して提供できれば40代であろうとも仕事には困りません。

それにプログラマーと同様にWEBデザイナーはスキルがあれば個人で企業と業務委託契約を結んで働く事も出来るので年齢と無縁の働き方も可能です。

実際、管理人が昔働いていた企業の専属デザイナーは40代でしたし・・・。

最近ですとWEBデザインを学べる学校は増えているので40代からでも努力次第ではWEBデザイナーになれます。

歩合制のセールス

歩合制のセールスというのは保険の販売だったり、健康器具の販売の世界でよくある成果に連動して給与が決まる営業職です。

この歩合制のセールスは数字を上げるかどうかが問われる以上、数字さえ出せていれば40代であろうと50代であろうと評価されます。

もちろん、営業の数字で給与が決まる以上、数字を出せなければ40代であっても生活保護以下の給与になる可能性もあるので簡単な世界ではありません。

ですが、一度営業のスキルを身に付けてしまえば年齢関係なく稼ぐことが出来るので40代という年齢が不利にならない仕事をお探しでしたらおすすめです。

ライター

ライターというのは雑誌に各記事やWebサイトに掲載する記事を書く仕事になります。

ライターに対して仕事を依頼する依頼者側は求めるレベルの記事を書いてくれるかどうかである以上、きちんとした記事を書ければ40代でも評価されます。

ライターという仕事に求められる最低限のスキルは日本語の読み書きである以上、他の手に職となる仕事と比較をすれば明らかに参入障壁が低いです。

そのため、比較的簡単に身に付けられる手に職をお探しでしたらライティング能力を身に付けてライターを目指すことをおすすめします。

男女別におすすめの資格とスキル

ここまで40代のあなたが手に職を身につけるメリットとスキルを選ぶ際の注意点についてご紹介しました。

しかし肝心な40代のあなたにとって本当にオススメの転職がどんなものがあるのかについては特に取り上げてきませんでしたよね。

そこでここでは40代の手に職をつけたい男女に人気があって本当におすすめの資格とスキルを男女別に分けて取り上げていきます。

男性におすすめの資格とスキル

手に職をつけたい40代の男性におすすめの資格とスキルはそれぞれこちらの通りです。

資格中小企業診断士
スキル WEBマーケティング

それぞれの詳細についてはこれからご紹介していきます。

中小企業診断士とは?

まず前者の中小企業診断士というのは中小企業で求められる経営全般の知識を体系的に習得したことの証明となる資格です。

この資格を取れば中小企業の参謀として働くことができますし極論な話、コンサルタントとして独立することも不可能ではありません。

しかも中小企業診断士という資格は実務に直結した資格なので20年近くビジネスマンとして働き続けてきたあなたの経験との兼ね合いもまさに相性抜群なので非常にお得な資格と言えます。

WEBマーケティングとは?

また後者のWEBマーケティングというのは Webというオンライン経由でお客さんを集められるスキルです。

今の時代にどんな中小企業でもWebをある程度を使っておりますので Webマーケティングができるようになれば40代であっても転職先に困りません。

この年齢が特に問題にならないという点は40代で手に職をつけようとしている男性社会人には非常に魅力的ですしWebの世界は今後伸びることが見込まれる世界なので身につけておくと年収アップも見込めます。

女性におすすめの資格とスキル

今40代の女性に管理人がお勧めしたい手に職となるスキルと資格はそれぞれこちらの通りです。

資格MOSスペシャリスト
スキルWebライティングのスキル

今取り上げたMOSスペシャリストとライティングスキルの詳細についてはこれからご紹介していきます。

MOSスペシャリストとは?

これから取り上げるMOSスペシャリストというのはMicrosoftの人気ソフトであるワードやエクセルそしてパワーポイントが使いこなせることを示す認定資格です。

実はどの企業も女性の事務職の社員にはMicrosoft製品のエクセルやワードといった各種のOfficeソフトが使えることを求めるのでMOSスペシャリストがあればそれだけで魅力的な人材になります。

しかもMOSスペシャリストがあれば派遣として働くこともできますので年齢が40代となってなかなか正社員としての仕事を得られない時に食い繋げるというメリットがあります。

WEBライティングのスキルとは?

そして後者のWebライティングスキルというのはWebサイトで掲載される記事を書くスキルです。

正直な話 Webのライティングスキルというのはなかなかマイナーなスキルではありますがライティングという書くスキルはお金になります。

ちなみに熟練のウェブライターになれば1文字書くだけで5円程度の額がもらえます。

そのため4000文字の記事を書けばそれだけで2万円のお金がもらえるというチャンスもありあるのです。

しかもライティングは自宅で行える仕事になるので子育てをしながらでも問題なく頂けるので40代の女性にはまさにもってこい。

家事や育児と両立させながら在宅でサクッと稼げる手に職となるスキルの一つなのでこれから手に職をつけたいのでしたらぜひライティング能力を身に付けましょう。

食える40代になるためにやるべきこと

これにて40代のあなたが手に職を身につける際に気を配ることについてまとめたこのページの主な内容は終わります。

しかし色々な情報を一気に紹介してきましたのでいまひとつ理解が追い付いていない点もあるかもしれません。

そこで最後にこのページでここまで取り上げたポイントの中で特に重要になる5つのポイントを一覧にしてみましたのでぜひご覧ください。

  1. 40代からでも手に職をつけるのは可能
  2. 実は40代の転職では手に職よりも職歴が重視される
  3. 身に付けるべき手に職は職域を広げられるもの
  4. お金になるスキルを学べば雇われない生き方もできる
  5. WEB関連のスキルを得れば人生の選択肢が広がる

ここで一覧にした中でも最後に取り上げた「WEB関連のスキルを得れば人生の選択肢が広がる」というのは非常に注目すべきポイントになります。

そのため、これから何かしらの手に職をつけたいのでしたらWEB関連のスキルを学ぶことをおすすめします。

なお、このWEB関連のスキルの効果的な学習方法については以下のページで取り上げておりますのでぜひご覧くださいね。

効率よくウェブ関連のスキルをつける方法とは?

手に職をつけるぜナビ~おすすめの仕事と持つと強い資格のまとめ