若いうちに専門スキルを磨くメリット

若者のうちに手に職をつけよう

食える技をつけた若者は最強

もしかしたらあなたもそんな手に職をつけることで人生乗り越えをと考えている一人の若者かもしれません。

実は若いうちに手に職という武器を身に付けることは、国や企業に完全に頼ることができなくなった今の時代においては非常に理にかなった人生戦略と言えますし、管理人も実践をしております。

しかし、手に職をつけるといってもどんな資格やスキルを取得するのが望ましいのかについては意外と知られていませんし、あなたも知らないかもしれません。

そこでこのページでは若者が手に職をつけた方が良い理由に加え、若者にとって最もおいしいスキルや資格にはどんなものがあるのかという点について手に職キャリアを実際に実践している当サイトの管理人がご紹介していきます。

働き方改革で手に職がある人材の価値が向上

働き方の改革で手に職がある人が貴重に
そもそもどうして若者の間に手に職をつけた方が良いかと言うと、働き方改革法案という法律ができ長時間労働ができなくなったためです。

この長時間同労が出来ないというのは一見するとメリットがあるように思えますが、若者がスキルを得る機会を奪ってしまう結果になっております。

現にこれまでの世代の若者は長時間労働を強いられていた分、会社の中で仕事覚える時間が無限にありました。それに企業側も労働者は何年も働くものだという前提でいたので仕事を丁寧に教えておりました。

このおかげで若者にとって会社は成長の場になっていなのです。

しかし、現在はというと、長時間労働の是正が社会的に求められるようになり、企業側としても人を育てることに時間を使えなくなりました。

その結果として企業は社内で人を育てることよりも既に手に職を持っている人を採用することに比重を置くようになったのです。

若手にはスキルを伸ばす時間がある

若手にはスキルを伸ばす時間が沢山
今更の話になるかもしれませんが、手に職を身に付ける努力は若いうちにはじめるのが理想的です。

なぜなら若手の間は家族や子供がいるわけではないので自分の時間を持つことができます。それに恋人もいなければ休日は暇ですらあるかもしれません。

このような自由な時間があるのは若者ならではの特権です。自由に使える時間がある以上、仕事をしながらでも独学に取り組むことや手に職がつくスクールに通うことも十分に可能です。

逆に若者の時代を逃すと、家族サービスや仕事がハードになり、なかなか手に職を得るための時間を用意することが難しくなります。

つまり、手に職をつけるための努力は自分の時間を持つことが出来る若者の間に始めるのが一番なのです。

若者の間は育ててもらえる

若者は育ててもらえる
なんだかんだ言って年功序列がある日本という国では、良くも悪くも若手や若者というのは未熟者として扱われます。

この未熟者と扱われるのは一見するとネガティブですが、裏を返せば年配の方や先輩から仕事やスキルを教えてもらうことができます。

つまり若者の間ならば、手に職が身につく環境に飛び込んでしまえば先輩社員から技を教えてもらえるので、日々の仕事に取り組むだけでスキルが身に付いたりもしてしまいます。

しかも20代のような若者なら未経験でも採用される「未経験枠」の求人に応募もできるので手に職をゼロからつけられる環境は探せばいくらでも見つかります。

この若者だからこその特権を利用しない手はありません。

人生の幸福度が確実に上がる

手に職があれば人生ハッピー
おそらくあなたも一度ぐらいは経験したかもしれませんが、会社にはどうしても理不尽な面があります。

例えばサイコパスのような上司にパワハラをされたり、突然地方に左遷されるなんてこともあったりします。こんな理不尽に直面すれば誰もが会社を辞めたいと思います。

しかし、会社を辞めたいと思っても辞められるだけの実力やスキルがなければ無職になってしまうので我慢するしかありません。

ですが、仮にあなたが手に職を持つ若手の社員なら話が変わります。なぜなら、手に職がある若手は引っ張りだこなので会社を辞めても再就職先が見つかるからです。

すぐに仕事が見つかると分かれば、会社の犬にならなくて済みますし、本当に会社が嫌になったらスパッと辞めることも出来てしまいます。

この「辞める」、という選択カードを常に保有していることは変な我慢をしなくて済むので、人生の幸福度が格段に高まります。

おすすめの技能や資格特選

おすすめの資格とスキルの一覧
ここまで若者の間に手に職を身に付けるメリットについてご紹介しましたが、どんなスキルを若者は身に付ければよいのかについては特に取り上げていませんでしたよね。

そこでここでは管理人の30年弱の人生経験の中で本当にお得だなと感じた手に職が付くスキルや資格を一覧にしてみました

  • 宅建という資格
  • 英語をはじめとした語学力
  • プログラミングスキル
  • 何でも物を売れる営業力
  • Webマーケティングのスキル
  • キャリアが広がるUSCPA

ここで一覧にした資格やスキルの共通点とは何なのでしょうか?

仕事が降ってくる資格や技は強い

先ほど一覧にした「宅建」、「語学力」、「プログラミング」、「営業力」、「WEBマーケティング」、「USCPA」というのは一度身に付ければ「一定レベルの収入の保証」が事実上得られます。

そしてこの収入の保証が得られる理由はシンプルでして、1度身に付けてしまえば有資格者向けの採用枠や専門職向けの採用枠で転職・就職が出来るようになるからです。

例えば宅建の資格を取得すれば、宅建の資格保有者の特別採用枠で不動産会社に入ることが出来ます。

それにUSCPAの資格を取得すれば、監査法人に「有資格者枠」で入社することが出来ます。気になる年収は初任給であっても500万円以上がほぼ確約されます。

このように仕事が天から降ってくるような資格やスキルは完全に手に職になるので若者の間に身に付けたいですね。

一番おいしいのはITスキル

これは管理人自身がIT関係の仕事をしているのでやや贔屓目な話になってしまうかもしれませんが、Web系のスキルは収入の面でもスキル習得の難易度の低さにおいても注目に値します。

まず最初の収入面に関しては、一定レベルの手に職となるスキルを得れば年俸ベースで400万円は堅いです。

それに大手の会社を選べば20代の若手であっても700万円~900万円も狙えます。

それに手に職をにつけるハードルの面においても30万円程のお金で通える専門のITスクールに通えば半年程度で基礎的なスキルがマスターできるのでそこまで高くありません。

この点を考えると、IT関連のスキルは取得に要するコストと取得後の恩恵の大きさが割に合う費用対効果が高いスキルなのです。

このようなうま味があるIT関係のスキルを得る方法については以下のページで特集しておりますので是非ご覧ください。

効率のよい学習方法はこちら

手に職をつけるぜナビ~おすすめの仕事と持つと強い資格のまとめ