元ワーキングプアが語る貧乏からの脱却方法

貧乏から抜け出す方法を徹底解説

貧乏から抜け出すのは難しくない

いきなりですが告白します。当サイトの管理人は実は元ワーキングプアなんです

現に管理人の四年前の年収は200万円を優に切っており、その中で一人暮らしをしていたので自由に使えるお金は月2万円もありませんでした。

おそらく当時の私の暮らしぶりは貧乏を抜け出そうとしている今のあなたとそんなに変わらないと思いますし、下手をするとあなたよりもひどい暮らしをしていたかもしれません

しかし今の私は貧乏生活を抜け出し、現在の収入は年収ベースで約500万円です。

この金額は決して高所得者とは言えませんが、貧乏を抜け出したいあなたにとっては一つの目安金額にはなるのではないでしょうか?

少し自慢のように聞こえるかもしれませんが、4年前の私は貧乏生活を抜け出そうとしてるあなたと同じようにお金に困っていたので、当時の私が貧困から抜け出すために行ったことを公開することは、あなたのお役に立てるはずです。

そこでこのページでは管理人が年収200万円以下のワーキングプアから抜け出すために手がけたことや最も確実に貧困から抜け出す方法について当サイトの管理人の実体験をベースにご紹介していきます。

無目的の節約では貧困のまま

節約よりも所得を増やそう
よく貧乏から抜け出す方法を紹介している本やインターネット上のWEBサイトではまずは節約をしろと言います。

この節約というのは貧乏から抜け出す際に絶対に欠かせない手段の一つではありますが、収入が少ない時に節約に力を入れてもあまり良い結果ありません。

その理由はシンプルで貧乏に苦しんでいるぐらい所得が少ないのでしたらはっきり言ってそもそも何か大きなものを買うお金はないはずです。

その結果、いくら支出を削ろうとしても削れる金額は微々たるものとなるケースがほとんど。

しかも食費を含めた生活費を無理に削れば体調を崩すリスクがありますし、節約によるストレスで病気にでもなれば医療費の負担で節約の意味がなくなります。

この点を考えると無理な節約をして貧乏から抜け出そうとするのは思い切ってやめることをおすすめします。

もちろん、ホスト通いやキャバクラ通いを含めた贅沢をしているのでしたらそこを我慢するのは無理な節約にはなりませんので真っ先にやりましょう。

貧困からの脱却の第一歩は収入アップ

収入アップが貧困脱却の鍵
先ほど貧乏から抜け出す方法をお探しのあなたに無理な節約はおすすめしないといいました。

それでは無理な節約の代わりに何をやれば良いかというと、節約という何かを削るという選択よりもまずは目の前の所得を増やす試みを行いましょう。

増やすのは減らすのよりも簡単

今のあなたが1万円の生活費を削るのはかなり大変だと思いますが1万円の収入を上げるということはそこまで難しくないはずです。

なぜなら、1万円の収入アップなら週に1日夜3時間程度の短時間コンビニでアルバイトすれば達成できてしまいますからね。

要するに今のあなたが貧乏から脱却をしたいのでしたら無理をして節約をするよりも収入を増やすというポイントに重きを置いた方が成果に繋がるのです。

この貧乏脱却の鍵は節約ではなく、収入アップである点はきちんと押さえておきましょう。

どうやれば所得を増やせるの?

あなたが貧乏から抜け出すためには節約よりも収入アップが鍵になるとお話ししましたが、どうやれば収入をあげられるのかはよくわかりませんよね。

そこでここからは四年前の年収が200万円以下であった管理人が貧乏を脱却するために実践した収入アップに直結する5つの行為を一覧にしてみました。

  1. 労働時間を増やす
  2. 賃金アップの交渉をする
  3. 給料が良い会社に行く
  4. ブログで稼ぐ
  5. 仕事の数を増やす

ここで一覧にした貧乏からの脱却に繋がる収入をアップさせることが出来る方法については上から順番に1つずつご紹介していきます。

労働時間を増やす

労働時間を増やそう
まずはじめにご紹介するのは労働時間を増やすという単純な行為です。

これは誰でもできますよね。なぜなら、例えばあなたが時給1000円で働いている場合、1日あたりの働く時間を1時間増やせば1日で稼げる金額が1000円増えます。

これをもしあなたが31日に相当する一か月まるまる行った場合、1000円×31日の31000円があなたの所得アップになります。

そこで貧乏から抜け出すために目先の収入アップを目指すのでしたら働く時間を増やすようにしましょう。

賃金アップの交渉をする

kiyuuyo-kousiyou
二つ目に管理人が実践した貧乏から抜け出す方法は雇ってくれている会社に対して賃金アップの交渉をしたことです。

実はこの賃金アップでの一番時間とお金がかからない収入アップに直結する行動になります。

その理由はシンプルでして、例えばあなたが月収20万円もらっていたとします。このケースで月収の額が20万円から25万円に上がれば働く時間や働く内容が変わらなくても5万円の収入アップが実現します。

これはかなり家計が助かりますよね。

この点を考えるともしあなたが今の働いている職場で活躍をしているにもかかわらず貧乏から抜け出す方法を探さなければいけないほど貧乏でしたら単価のアップの交渉を雇用主にしてみることをおすすめします。

給料が良い会社に転職する

tensiyoku
そして三つ目の貧乏から抜け出す方法はもっとあなたに給料を払ってくれる金払いの良い会社に転職することです。

これは意外と知られていないことですが、あなたが貧乏であることは何もあなたがダメな人間であることを指していません。

なぜならあなたが所属している会社が全く儲かってない企業だったり、経営者がケチであなたにお金を払う気がないのでしたらあなたの実力にかかわらず給与水準は低いままになります。

この点を考えると本気で給与を上げて貧乏から抜け出したいのでしたら今の会社を辞めてもっと高い給料を払ってくれる会社探すのは有効な選択肢と言えます。

現に私自身ブラックな労働環境のWeb マーケティング会社で時給1200円で働いて時に、「これでは生活ができない」と思ってから転職活動に取り組んだところ、「年収450万円~年収500万円の条件で君を雇いたい」と言ってくれ会社に出会い、今では当時の倍の年収をもらえるようなりました。

ブログで稼ぐ

ブログ
4つ目にご紹介する貧乏から脱却する方法はブログで稼ぐことです。

これは管理人自身も過去に実践したので言えますが、ブログで稼ぐというのはそんなに難しくありません。

なぜなら、あなたがやることはWEBサイトを立ち上げ、ひたすらブログを書き、読者を集めるだけだからです。

ブログを書き続け、ブログ経由であなたのサイトに訪問する人の数が一定数になった時点でブログ内に広告バナーを貼り付けます。これを行えばバナーがクリックされるたびにあなたにお金が入ります。

ちなみに広告バナーの1回あたりのクリック単価が50円程度ですので、仮にバナーが月に200回クリックされれば1万円程度の収益が発生します。

もちろんブログ一本で毎月の生活費を全て稼ぐのは相当厳しいですが、副収入源の1つくらいにまでなら成長させることはさほど難しくはありません

そこでもしあなたも他人に語れるだけの経験が何かあるのでしたらぜひともブログを書いてみることをおすすめします。

仕事の数を増やす

ダブルワーク
5つ目の貧乏から抜け出す方法としては今の仕事を辞めずに仕事を増やすことです。

この仕事を増やすというのは現在の日本で起こっている副業解禁の流れを利用し、本業以外の仕事を本業の業務時間外でやることです。

例えばあなたが 毎日レストランでコックさんの仕事をしていたとします。

このケースでスト、あなたの持っている料理を作る技術を利用して土日や本業の職務外の時間帯に個人で仕事をするのです。

例えばある程度お金持ちの方の週末のホームパーティーの手伝いをするのも1つの手です。それに土曜日または日曜日にだけ他の料理店で働いてみるのもありです。

こういった行為を行えば本業以外の2つ目、3つ目の収入源が手に入ります。

現に管理人自身はWebマーケティング周りの仕事を本業でしておりますが、これまでの仕事の中で培ったスキルを利用して不定期で知人の会社のお手伝いをしております。

管理人のケースはさておき、貧乏から抜け出すことを真剣に目指しているのでしたら副業をはじめて収入源を増やすことをおすすめします。

理想は手に職が付くスキルの取得

スキルアップ
ここまで貧乏から抜け出すための収入アップの方法をご紹介してきました。

正直な話、ここまで取り上げたどの方法も目先の収入アップにはつながります。しかし、貧乏から抜け出すという観点においてはやや物足りない点があります。

それではどうして貧乏から抜け出すという点では不十分かというと、所得が増えたとしてもあなたの市場価値の向上には繋がらないからです。

労働市場にも資本原理がある

この見出しにあるようにあなたの給料というのは、あなたがいくらの価値を企業に対して提供できるかである程度決まってしまいます。

例えばあなたが年収500万円の所得を得るに値するスキルを持っている場合、企業はあなたを雇うのに500万円程度の年収を支払わざるを得ません。

逆に言えばあなたが何もスキルを持っていない場合、学生上がりの新入社員と同じくらいの月収20万円程度の収入しか期待できません。

この点を考えると貧乏から抜け出すことを考えているのでしたら、あなたが自分自身の価値を高めて労働市場から評価される人材になるのが一番なのです。

市場性のあるスキルや資格は最強

ステップアップ
例えばあなたが28歳のニートだったとします。このケースですと普通の企業の採用面接を受けてもお払い箱です。せいぜい採用されてもアルバイト採用。

こうなると貧乏路線から抜け出すことは困難です。しかし、貧乏から抜け出すために平均年収が800万円を超える公認会計士の資格を取ってしまえばどうでしょうか?

当然、公認会計士の資格取得が評価され、会計士事務所に採用されます。公認会計士の初任給は平均すると500万円程度なのでこの金額の年収はもらえます。

自分の価値を上げるのが一番

自分の価値を上げるというのは一見すると面倒に思えますが、あなたの市場価値が上がれば結果としてあなたの収入も自然と上がります

この法則を考えると貧乏から抜け出すという点においては副業や労働時間を増やすことよりも市場価値を上げるのが一番効果的なのです。

現に4年前の管理人は年収200万円のフリーターでしたが、20代でも年収ベースで450万円が期待できるWEBマーケティングを身に付けたために現在の総収入は500万円程度にまであがりました。

このような経緯で貧乏から抜け出すことが出来た勝因はWEBマーケティングというスキルを取得したからに他なりません。

管理人の話はこのあたりにしておきますが、貧乏から抜け出す際に最も確実なのは自分の価値を高めることである点は押さえておくことをおすすめします。

人生逆転の鍵は市場性のあるスキル

スキルアップ
このページでは貧乏から抜け出す方法についてまとめてみました。改めてここまでの内容をまとめると貧乏から抜け出す方法はこちらの2パターンに分かれます。

  1. 目先の収入を増やす
  2. 自分の市場価値を上げる

前者の収入を増やすというのは、仕事時間を増やしたり、副業を始める、といったすぐにでも取り組める当面の収入を上げる方法です。

こちらは短期的な効果が見込める半面、大幅に収入を上げるのは難しいので貧乏から抜け出す際には付け焼刃的な効果しか見込めません。

その反面、「後者の市場価値を上げる」は市場価値を上げるのに時間がかかるために「今すぐ貧乏から抜け出す」ことには繋がりません。

しかし、即効性のある目先の収入アップとは異なり、市場価値を上げればあなたの適正年収は自然と高まるので長期的に見れば大幅な年収アップに繋がります。

この点を考えると貧乏を抜け出したいのでしたら、市場で評価されるスキルを身に付ける努力をすることをおすすめします。

ただし、ここで問題になるのが「市場で評価されるスキルって何?」という点だと思います。

この身に付ければ年収アップに繋がる市場で評価されるスキルの一例については以下のページでまとめているので、このページの内容と合わせてぜひご覧くださいませ。

市場性の高いスキルの一例はこちら

手に職をつけるぜナビ~おすすめの仕事と持つと強い資格のまとめ