効果的なIT技術の学習方法

ITスキルの効果的な勉強方法

ITのスキルを身につけたいけれども、
どんな技をどのように身につければいいのか分からない・・・・・

こんなことが一度くらいは頭をよぎったことがあるのではないでしょうか?

実は ITスキルというのは学歴やこれまでの業務経験が全くなくてもゼロから身につけることができるスキルであり、正しい学習方法さえ知ればITスキルは1年以内に誰でも身につけられてしまいます

しかしここで問題になるのはITスキルというのは何を学べばいいのか?、そして、誰から学ぶべきか?、といった点に対する正確な情報がなかなか出回っていない点です。

そこでこのページではIT業界での業務経験が今年で5年になる管理人がどうやればITスキルを最短で身につけることができ、どのスキルをマスターするべきなのか、といった点を中心にまとめてみました。

本文の概要についてはこちらの見出しの通りになっておりますので、ご興味がある項目だけでも目を通してみてくださいね。

まずは身に付けるITスキルを決める

ITスキルは多種多様
実はひとえにITスキルといっても様々な種類がります。現にIT関連のスキルをざっと一覧にしただけでもこんなに出てきます

  1. プログラミングスキル
  2. WEB広告の運用技術
  3. ウェブサイトの制作スキル
  4. SEOの対策技術
  5. WEBコンテンツの作成術
  6. データの解析技術
  7. システムの運用スキル
  8. プロジェクトの統括スキル
  9. IT商材の営業技術

これだけ色々なスキルがある以上、すべてを勉強してマスターするのはまず無理。そこで身に付けるスキルを絞る必要性が出てきます。

学ぶ分野はあなたのゴール次第

実はあなたがITの世界でどのように活躍したいかで身に付けたほうが良いスキルは変わります。

例えばITサービスを自分のスキル1本で作れるエンジニアになりたいのならば、プログラミングスキルの習得は必須です。

その一方で自分一人で業務が完結する以上、チームをまとめるスキルであるプロジェクトの統括スキルは不要。

また仮にあなたがWEB広告のプロになりたいのでしたら、広告の運用技術を学ぶ必要はありますし、マーケティングスキルを学ぶことも欠かせません。

しかし、自分自身でWEBサイトを作るためのサイトの制作技術は特に求められません。

このように何を目指すかで勉強して身に付けなくてはいけないスキルが変わってくるのです。

最初はプログラミングを学ぶべき

プログラミングを学ぼう
優先的に身に付けるべきスキルは目指すゴール次第であるとはいえ、特に目指すゴールが明確ではないのでしたら最初はプログラミングを学ぶことをおすすめします。

それではどうしてプログラミングのスキルを学ぶのが無難かというと、プログラムの勉強経験はIT関連のどんな仕事に就こうと役に立つからです。

営業という立場でも重要

例えばあなたが IT関連の商材を販売する営業職につきたいとします。

このケースでプログラミングの技術を知らなければ自分が持っている商材がどんな技術で出来ており、他社のサービスと比較して何が優れているのかといった点を理論立ててお客様に説明することができません。

その一方でもしプログラミングの技術を知っていればお客さんに対して自社の製品がどんなプログラム言語で書かれているのか、そして何が技術的に優れているのかを理路整然と説明できます。

こうなれば当然お客さんに信頼されるので、営業成績は上がります。

企画職も技術の理解は必須

またあなたがITサービスを企画する企画担当者になることを希望するとします。

このケースでもIT技術の屋台骨を支えるプログラミングを理解していなければまともなサービスを企画することができません。なぜならプログラミングで出来ることと出来ないことが分からないと企画を立てようがないからです。

それに仮に運よく企画を練ることができたとしても実際にサービスを開発するエンジニアの方と上手くコミュニケーションが取れないという弊害が生じます。

その一方できちんとプログラミングを学習した経験があればITサービスの開発者であるエンジニアと上手にコミュニケーションが取れます。

しかもプログラミングで出来ることと出来ないことが分かっている以上、サービスの企画段階であまりにおかしな企画をする可能性もなくなります。

このようにプログラミング技術の勉強経験はあらゆるIT系の仕事で役に立つのです。

王道の勉強方法は三種類ある

王道のITスキルの勉強方法
ここまでの内容でITスキルの中で最もお得なのはプログラミングである点はわかったと思います。

しかし、ここまでプログラミングのスキルの身に付け方は特に取り上げてきませんでしたよね。そこでここからはプログラミングの主な勉強方法についてご紹介していきます。

独学・学校・就職がある

実はプログラミングスキルを習得する方法は大きく分けると三つしかありません。そしてその3種類の勉強方法というのは、

  1. 独学という形で自力で勉強をする
  2. 学校に通ってプロから学ぶ
  3. 就職して現場で学ぶ

です。1~3のそれぞれの特徴と良し悪しについては上から順番に取り上げていきます。

独学の特徴と良し悪し

まず初めにご紹介するのはYouTubeの動画や市販の本を用いて自力で学ぶ独学です。

この独学はお金が特にかかりませんし、空き時間で行えますのでまずは緩く学びたい人にはピッタリ。

しかし独学は誰からも教えてもらえない環境で一人でコツコツと勉強することになります。そのため、途中で挫折する恐れがあります。

それに仮に挫折をしなかったとしても一人で勉強することになる以上、疑問点も自分で逐一調べることになるのでスキルアップに時間がかかります

この点を考えると独学はお金や時間の面の負担が少ないというメリットがあるとはいえ、スキルを短期で身に付けるという点においては最悪の選択と考えるのが無難です。

学校の特徴と良し悪し

二つ目にご紹介するのは ITスキルを教えてくれるスクールに通って勉強する方法です。

当たり前かもしれませんが、スクールに通えばIT業界での勤務経験が長い現役のエンジニアからプログラミングやIT業界の実態について教えてもらうことができます。

しかも大抵のITスクールは効率的にスキルを学べる教材を用意してくれますし、質問もし放題。

特に質問がし放題、という点は魅力的です。現に勉強の中で生じた疑問点を自由に聞けるので学習ペースが上がります。

もちろん、スクール側もボランティアではないのでサービルの利用には費用がかかるのが難点ですが、スキルの習得においては独学よりもはるかにメリットがあります。

管理人一押しのDMMWEBCAMPはこちら

就職の特徴の良し悪し

就職の善し悪し
三つ目に取り上げるITスキルの勉強方法は就職です。

この就職というのは端的に言えば社員またはアルバイトの肩書でIT系の会社に移ることを意味します。

そして移ったあとは日々の仕事の中で新しい技術を覚えたり、先輩社員から教えを乞うことで日々スキルアップに励みます。

いわゆる職人の世界でいう丁稚奉公みたいなもの。

この丁稚奉公を利用すれば、給料をもらいながらスキルを得られるのです。一見すると非常に条件が良いですよね。

そこで本気でITスキルを得たいのでしたら今の職場をやめてIT系の企業で丁稚奉公するのも1つの手です。現に管理人もこれを利用しました。

ただし、スキルがないままにIT業界に入ると非常に苦労しますし、最悪の場合は「能力不足」を理由に試用期間でクビになる恐れがあるのでかなりリスキーではあります。

外さないのはスクールで学ぶこと

スクールで学ぼう
ここまで3種類のITスキルの勉強方法とそれぞれの勉強方法の良し悪しについてご紹介しました。

正直な話どの勉強方法にも良い点と悪い点があります。

その上での話になりますが本気でITスキルを学んでスキルアップやキャリアアップをしたいのでしたらITスクールに通って勉強をするのが無難。

このITスキルの勉強をする際にはスクールを利用するのが一番である理由についてはこれからご紹介していきます。

スキル習得に要する期間が3割に

自力でITスキルを学ぶ問題点は分からなくなった時に膨大なリサーチ時間を使わざるを得ない点です。

正直な話、大学生のように比較的時間がある人ならいざ知らず普通にサラリーマンや仕事をしている中でゼロから分からないことを逐一調べて勉強していくというのは時間の面で厳しいです。

その一方でITスクールに通えば分からないことがあればその都度聞けますので、本業が忙しい中でもサクサクとスキルの習得に取り組めます。

現に管理人がスクールを利用した限りの話になりますが、スキルの取得に要する時間は独学の3分の1以下にまで縮めることが出来ました

実は費用は負担にならない

スクール代は何とかなる
ITスクールの利用において最も問題になるのがまたは心配になるのが費用負担だと思います。

しかし実はこの費用はさほど問題になりません。

なぜならITスクールの相場の料金は半年では40万円程度ですし、大抵のスクールはローン制度を提供しているからです。

このローン制度を利用すれば毎月の支払い金額を1万円程度に収めることも不可能ではありません。これならなんとか払えるはずです。

つまり、スクールの利用は実は金銭面においてそこまで大きな負担にならないのです。

時間とお金の両面でお得

実はITスクールの利用は費用面の負担が小さいばかりか、うまく活用すれば時間もお金も買えます。

この理由は実はシンプルでして、自力でITスキルの勉強に取り組む中で分からないことにぶつかれば、3時間、4時間、5時間と自分で調べなくてはいけません。

しかしスクールを利用すればすぐに講師に疑問を聞けるので、自力では3時間~5時間かかる案件がたったの5分や10分で解決できます。

これは本来なら3時間以上かかるものを10分程度で解決したので、時間を買ったことになります。

この買った時間をどう使うかはあなた次第ですが、例えば購入した時間でアルバイトをすれば毎月の受講料ぐらいは払えますし、むしろおつりがきます。

要するにスクール利用すれば、やり方しだいでは時間の面だけではなくてお金の面でも得をするのです。このメリットは見逃せません。

最高のスクールの選び方とスクール名

最高のITスクールはどこ?
ここまでのITスキルを勉強する際にはITスクールを利用するのが望ましい、という話をしてきました。

しかし、ここまでどんなITスクールを選ぶべきかについては言及していなかったのでここではITスキルがしっかりと身に付くITスクールの特徴を一覧にしてみました。

  1. 現役のプロに質問し放題
  2. これまでの実績が豊富
  3. 半年以内に基礎的な技術が習得可能
  4. 入会前にサービスを体験できる

この4つの特徴の中でも一番最後の「入会前にサービスを体験できる」は見逃せません。なぜなら、あなたにとって最適なITスクールはあなたと相性の良いスクールだからです。

この点を考えるとITスクール選びにおける正解は無料でサービスを体験できるITスクールをいくつか試してみて、最もあなたと相性が良いものを選ぶのが一番無難。

最後に無料でサービスの体験が可能なITスクールの中で特に人気がある学校の公式サイトをご紹介しますので、ぜひご覧くださいませ。

無料体験があるおすすめのITスクールはコチラ

手に職をつけるぜナビ~おすすめの仕事と持つと強い資格のまとめ