全く再就職が進展しない原因とその対策

再就職がうまくいかない

働く意欲はあるけれども仕事が見つからなくて再就職がなかなかうまくいかない

こんな状況に直面すると本当につらいですよね。

実は管理人自身24歳で会社を事実上クビになった経験があります。そしてそのショックから短期間ながら引きこもりを経験しました。

この引きこもり経験のために職歴にブランクができてしまい、いざ再就職をしようとしてもなかなか再就職がうまくいかなくて円形脱毛症になりかけました。

この再就職がうまくいかないことの辛さを実感した管理人だからこそ今なかなか再就職がうまくいってないあなたには1日でも早く新しい働き口を見つけてもらえればと心から思い、このページを作成することにしました。

ざっとでも内容に目を通せば再就職がうまくいかない現状を突破するコツが必ず見つかるので是非最後までご覧ください。

再就職がうまくいかない7つの理由

何事も原因と理由があるように再就職がうまくいかない時は基本的には原因があります。

この再就職がうまくいかない原因を理解せずにいくら面接を受けても正直な話再就職先をゲットすることは厳しいです。

そこでまずはじめに再就職がうまくいかない人に当てはまる典型的な7つの原因をまとめてみましたのでご覧ください。

  1. 自分の価値が分かっていない
  2. 就職希望先とあなたのミスマッチ
  3. あなたの魅力を書面で伝えれていない
  4. 面接の事前準備が不十分である
  5. 面接の場数が足らない
  6. 今の実力が低すぎる
  7. 我流で就職活動してる

今取り上げた7つのポイントが全てとは言えませんが、再就職にうまくいかない人は基本的には今取り上げた7つのポイントの一つまたは複数に該当します。

そこでここからは7つのポイントの詳しい詳細と各ポイントの正しい対処法について取り上げていきます。

自分の経験とキャリアを見直す

まず最初にご紹介する再就職うまくいかない理由はあなた自身が労働市場におけるあなた自身の価値を理解していないことにあります。

これは当たり前かもしれませんが労働市場においてはあなたが提供できる価値と企業が求める価値が合わなければ当然採用されません。

例えばマネジメント経験がある人材を欲している企業の採用面接を受ける際にもしあなたがマネジメント経験がなければ当然落ちます。

逆にあなたが前職でマネジメント経験が豊富であればたとえ年齢が40代だったり50代だったとしても企業側からすれば取る価値がある人材と見なされるので当然採用される可能性があります。

この点を考えると再就職がうまくいかないのでしたらこれまでのキャリアを通してあなたがやってきたことは何であり、これまでの社会人生活でどんなスキルや経験があるのかをまずはまとめてみることをおすすめします。

このあなたが持っているものの棚卸がきちんと出来れば自ずとあなたが提供できるものが分かるので明らかにレベルが合わない会社を受けて落ちるリスクは格段に下がります。

あなたが求められる環境を考える

あなたが提供できるものをきちんと理解した後にやるべきこととしてはあなたが必要とされる環境を見つけることです。

例えばあなたが営業経験が豊富でかつプログラミングも独学で勉強していてある程度IT技術に精通していたとします。

この場合ですとたとえ未経験であったとしてもITに精通した営業職を求めている会社からすれば両手を上げて欲しいと思われる人材になります。

その一方でいくらIT技術を独学で勉強していたとはいえIT技術に関する職務経歴がない以上、Web デザイナーの採用を目指している企業の選考を受ければほぼ確実に落ちます。

このようにあなたが提供できるものと企業側が求職者に求めているものがぴったりとマッチすることが重要になるのです。

そのため、あなた自身の価値がわかった後はあなたを欲しいと思うであろう会社を探しましょう。

正しい職務経歴を書く

基本的に再就職をする際には職務経歴書と履歴書を書く必要があります。

まず前者の職務経歴書というのはこれまでどんな仕事やってきたのかというあなたのキャリアをまとめた書類です。

そして後者の履歴書はあなたの学歴や就業履歴がまとめられた資料になります。

どちらの書類も再就職をする際に非常に重要ですが再就職がうまくいかないのでしたら今あなたが企業に提出をしている職務経歴書の見直しをすることをお勧めします。

それではどうして職務経歴書の見直しが重要かと言いますと基本的に企業の人事は職務経歴書であなたを雇う価値のある人材であるかどうかを判断するからです。

つまりあなたが書いている職務経歴書があなたの魅力が伝わる職務経歴書になっていなければあなたの魅力は企業側に伝わらないのです。

とりわけ書類選考で落ちているのでしたら職務経歴書の見直しをするだけで書類の通過率は格段に上がります。

ちなみに正しい職務経歴書の書き方についてはこれから送りするリンク先で掲載されているのでよろしければ目を通してくださいね。
職務経歴書の書き方はこちら

面接でうまくいかない要素を消す

これは全ての物事に共通するかもしれませんが基本的には結果というものは準備で8割が決まります。

そしてこの準備が8割を決めるという法則は再就職の際の面接でも言えることであり、準備不足で採用面接を受けると当然のことながら再就職はうまくいきません。

そのため再就職がなかなかうまくいかないのでしたら面接を受ける前の準備がきちんとできているかの確認がやはり欠かせないのです。

その際に特に気を配りたいのはこれから取り上げる7つのポイントになります。

  1. 企業のことをちゃんと調べたか
  2. アイロンをかけたスーツを着ているか
  3. 面接で話す内容をきちんと整理しているか
  4. 企業があなたに求めている事を考えたか
  5. 髭や髪を整えて清潔感が出ているか
  6. 面接官が聞いてくる内容とその答えを考えたか
  7. 提出書類に誤字がないこと

ここで取り上げた7つのポイントを意識して面接の際に面接官からマイナス評価を受けるポイントを減らすだけであなたの面接時の評価は格段に変わります。

そのためもしあなたの再就職活動がうまくいかないのでしたら面接前の準備がきちんと出来ているのかについてはまず最初に確認したいものです。

複数の会社を受けて面接になれる

面接はどれだけ準備しても最後は本番でどれだけしゃべれるのかということがポイントになります。

この話を聞くと面接で話すのが苦手な人は再度就職がうまくいかない可能性はやはり高まります。

ですが、面接はある程度慣れで対策が出来ます。

現に管理人自身、面接で全く空気が読めず的外れな話をするような男でしたが毎回の面接の内容を録音し、文字起こしをして客観的に見直すことで自分自身の受け答えのまずさをその都度修正するようにしました。

これを何回も行ったところ最初は企業の面接で落ちまくりましたが結果として複数社の内定が取れるようになりました。

このように企業の採用面接は仮にコミュニケーション能力に自信がなくても数をこなせばある程度は慣れるのです。

仕事を得るために新しいスキルを学ぶ

これはそもそもの話になってしまいますが再就職がうまくいかないケースのひとつにあなた自身の魅力が全くないというケースがあります。

これは管理人自身が該当したケースなのですが企業というのはそもそもの話、会社を発展させてくれる人を採用したいと思うものです。

そのため採用しても会社に貢献することができない人材だと判断すれば面接の段階やひどいケースでは書類の段階で落とします。

この点を考えるとどんなに書類を整理したり企業のことを調べてもあなたという人材が労働市場において評価されないような人材だった場合はやはり再就職は上手くいかないものです。

そこでもしあなたの再就職活動がなかなかうまくいかない理由がスキルにあると感じましたら今からでも新しいスキルを身に付けることをおすすめします。

一人で転職活動に取り組むのを辞める

最後にご紹介する再就職がうまくいかない理由は一人で再就職先を探すことにあります。

それではどうして一人で再就職先探しに取り組むと失敗するかというと、一人で取り組む場合はどうしても何が原因で再就職がうまくいかないのかがわからなくなるからです。

例えば口臭が原因で落ちていたとします。

この口臭に関しては第三者から見れば明らかな失点要因ではありますが自分で自分の口の匂いをわかりませんのでひとりで取り組んでいれば口臭が原因で面接官にマイナス印象を与えていることにはなかなか気づけません。

また面接を受ける候補企業の洗い出しに関しても転職エージェントなどに相談をすれば今のあなたに向いている会社紹介してくれます、自力でやる場合はあなたに合わない企業を探す恐れもあります。

このように一人で再就職先を探すことに取り組むのはマイナスでしかないのです。

そのためもしあなたが本気で再就職活動を成功させたいのでしたら転職エージェントの力を借りたり、転職のサポートをしてくれる個人にお金を払って協力してもらうことをお勧めします。

2~8をやれば再就職は成功する

ここまで再就職がうまくいかない主な7つの原因とその対応方法についてまとめてきました。

もちろん7つの原因に対する適切な対応したからといって100%再就職がうまくいくとは限りませんが明らかにうまくいかない理由がなくなるので格段に再就職の成功確率は上がります。

これまでの内容の復習も込めて再就職がうまくいかない人によく該当する7つのポイントについては改めて一覧にしてみましたのでぜひご覧ください。

  1. 自分の価値が分かっていない
  2. 就職希望先とあなたのミスマッチ
  3. あなたの魅力を書面で伝えれていない
  4. 面接の事前準備が不十分である
  5. 面接の場数が足らない
  6. 今の実力が低すぎる
  7. 我流で就職活動してる

最後に今回取り上げた内容と同様に再就職にうまくいかないのでしたら是非ともチェックしておきたいポイントについてまとめているページを2ページ取り上げるので是非とも目を通してみてくださいね。

今すぐバイト人生を辞めるべき理由
底辺を脱却する方法

手に職をつけるぜナビ~おすすめの仕事と持つと強い資格のまとめ