無職中だからこそできることとは

失業中にできること

実は失業中はチャンスしかない

会社を追い出されたり、自ら辞めて無職になると収入の面でも世間体の面でもどうしても不安になるものです。

ですが失業中というのは仕事をしなくて良いのでまとまった時間の確保が出来ます

この時間を利用すれば普段やりたくてもできなかったことができるので人生のステージを上げるための準備が可能です。

現に管理人自身、失業中にWebマーケティングの勉強をしてWEBマーケティングの世界に飛び込むことが出来ました。

その結果として今では個人でも「仕事を引き受けてくれ」といわれるようになりましたし、収入もWEBマーケティングを身に付ける前の時代と比べると3割程度上がりました。

このように失業中の期間を有効に活用してキャリアアップの実現をした経験がある管理人がこのページでは失業中だからこそできることと失業期間の効果的な利用方法についてまとめてみましたのでぜひご一読ください。

失業中にできる7大アクション

まず初めに申し上げますが失業中というのははっきり言って不安はたくさんありますが時間があるので何でもやりたい事ができます。

現に失業期間中にできることをざっとまとめてみるだけでもこんなものがあげられます。

  1. 海外旅行に行ける
  2. 疲れをいやせる
  3. 新しいスキルを学べる
  4. 新しい仕事を始められる
  5. 会いたい人に会える
  6. 起業や副業の準備ができる
  7. これまでの人生見直せる

今取り上げた7つの詳細についてはこれからご紹介します。

海外旅行に行ける

普通に会社で働いていれば休める連休というのはせいぜい一週間程度です。

そのためどうしても海外旅行に行くといっても弾丸ツアーになるのでできることは限られてしまいます。

その一方で失業中となれば会社に縛られずに休みたいだけ休めるのでやろうと思えば数か月間海外に滞在することもできてしまいます

その結果として普通に会社員をやっていれば絶対にできない長期間の海外旅行ができますし短期留学さえできてしまいます。

短期留学をして語学力を学びその語学力を活かして新しい仕事に就くという選択も可能なので失業中は捉え方によってはグローバル人材になるためのチャンスに変えることもできるのです。

疲れをいやせる

次に取り上げる失業中にできることのひとつはじっくりと体力と気力を回復させられることです。

普通の会社ですと週休2日制なので週に2日しか休めませんし長期休暇があったとしてもせいぜい一週間。

これだけの時間では疲労が蓄積していた場合は疲れを癒すことは相当難しいです。

その一方で失業中となれば仕事をしなくていいので一日中寝ることもできますし、やりたかったことをできるので心身の疲れを癒すことが出来ます。

この心身のリフレッシュは時間に追われている会社員時代ではなかなか難しいのでガッツリとした休養を取ることができるのは失業中ならではの持ち味になります。

会いたい人に会える

三つ目に取り上げる失業中にできることは会いたい人に会えることです。

これは管理人の経験なりますが忙しい系会社で働いていると当然のことながら休日は仕事の疲れを癒すためにゴロゴロせざるを得ません。

そのため会いたくても実家の両親になかなか会えなかったり、地元の友人に会うために帰省することもハードルが高かったりするはずです。

それが一度会社を離れて失業中の状態になれば当然のことながら時間ができるので会いたい人に会うことができます。

これまで会いたくても会えなかった人に久しぶりに再会すれば思いもよらない気づきや学ぶことはあるでしょうし、旧友や実家の両親との再会はあなたの人生を幸せにします。

このようにじっくりと身近な友人や知人に会うための機会を設けることができるのは失業中にできることの1つなので失業中は仕事を探しながらも会いたい人に積極的に会うことをべきです。

これまでの人生見直せる

加えて失業中というのはある意味仕事をしてないので無収入の状態ですし、会社に縛られた人生を送る必要がないのでしがらみがありません。

そのためこれまでのキャリアを冷静に見直したり、今後どういった仕事やどういった働き方をしていこうかとゼロベースで考えることが出来ます。

管理人自身失業中に今後の人生を考えたところ、Webマーケティングのスキルを身につけて一人で食べていける人間になりたいと思いました。

その結果として全てを投げうって未経験ながらWebマーケティングの世界にゼロから飛び込むことにしました。

おそらく以前の職場で働きながらの状態ではニュートラルに物事を考えられなかったのでWebマーケティングをゼロから身につけるという思い切った選択を取ることはなかったはずです。

今ご紹介した管理人の経験はさておき、失業期間中というのは意味ゼロから今後の人生を考えられるチャンスなのです。そのため、仮に仕事を失ったのならばこのメリットを最大限に利用して大いに今後の人生を考えたいところです。

新しいスキルを学べる

なかなか普通に働いていると時間が忙しくて新しいスキルや資格の勉強をしたくてもできないですよね。

それが失業中ならば時間は有り余るほどあるので勉強し放題です。

例えば失業期間中に死ぬほどTOEICの勉強をして860点以上のスコアーを取ったとします。

この860点というスコアは就職活動において英語ができる人とみなされるスコアなのでこのスコアを持ってしまえばグローバルな会社でも働くチャンスが手に入ります。

もちろんTOEICという資格でなくてもエクセルの勉強やプログラミングの勉強といった新しいスキルの習得でも同じ話です。

新しい技を身に付ける時間が失業期間中にはあるのでその時間を効果的に活用できれば無職期間中は本当に実りあるものになります。

ちなみにどんなスキルや資格を身に付ければよいか分からないのでしたらITスキルを学ぶことをお勧めします。

このITスキルを学ぶメリットについては以下のページでまとめているのでぜひご覧ください。

ITスキルを学ぶメリットとは?

新しい仕事を始めることができる

ちなみに管理人の経験上無職期間中の最も大きなメリットは新しい環境で新しい条件で働くことができることです。

これは言うまでもないかと思いますが、無職期間中というのははっきり言って無収入ですよね。

つまりアルバイトにでもなってしまえば事実上の収入アップになります。要するにどんな仕事にでも就いた時点でキャリアアップになってしまうのです。

このようにキャリアダウンのリスクがなく、人生を0からやり直すチャンスはなかなか無いので無職期間というのは人生を変えるためのきっかけになります

ちなみに管理人は大学卒業後は正社員のSEとしてはたいていましたが、社内いじめにあって会社を辞めざるをえなくて無職になりました。

しかし、その状況を「今の自分は無収入なのでどんな仕事にでもついた瞬間にキャリアアップだな」と思い、非正規の待遇でウェブマーケティングの会社に潜り込んでWEBマーケティングのスキルを得ることが出来ました。

これも失業中という状況じゃなければ正社員という待遇に縛られた転職活動しかできなかったので失業期間があってよかったと思っております。

起業や副業の準備ができる

新しい仕事を始められると同じぐらい無職期間中のメリットは起業や副業の準備が出来るのも失業中にできることの1つになります。

これは管理人の経験になりますが、普通に働いていると日々の仕事が忙しくて副業を始めたくても始められません。

ましてや将来的には起業をしたいと思ってもその準備をする時間なんてありません。

しかし失業中となれば時間はいくらでもあるので副業の準備をしたり、起業の準備も可能です。

この新しい事を始められるのは失業中にできることの大きな利点の1つなので絶対に利用することをおすすめします。

本当に失業中の期間は財産になる

そろそろこのページの内容も終わるので改めて今回取り上げた失業中にできることを一覧にしてみました。

  1. 海外旅行に行ける
  2. 疲れをいやせる
  3. 新しいスキルを学べる
  4. 新しい仕事を始められる
  5. 会いたい人に会える
  6. 起業の準備ができる
  7. これまでの人生見直せる

ここでまとめたことから何が言えるかというと失業期間中というのは今まで自分ができなかったことをやれるチャンスなのです。

ちなみにここで一覧にした7つの中で特に注目したいのは失業期間中は時間があるので新しいスキルを身につけられる点です。

このチャンスを生かして新しい技を覚えれば今までのあなたでは絶対に働けないような会社で働くチャンスも手に入るので圧倒的なキャリアアップが出来たりもします。

ちなみに身につければ確実に収入が上がるお得なスキルや資格についてはこれから取り上げるページでまとめておりますので今回のページの内容と併せて目を通してみてくださいね。

最もおすすめの手に職となるスキルとは?
社会復帰に役立つ4つの資格

手に職をつけるぜナビ~おすすめの仕事と持つと強い資格のまとめ